3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Python

macOS環境にHomebrewでpyenvをインストールする

投稿日:

こんにちは、今日はmacOS環境にパッケージマネージャーのHomebrewを用いて、pythonのバージョン管理ツールであるpyenvをインストールする方法についてまとめていきます。

確認環境

macOS Mojave バージョン 10.14.6
Homebrew 2.4.0
pyenv 1.2.18

Homebrewのインストール

未インストールの場合はHomebrewのインストールを行います。

インストールされているか確認

以下のコマンドを実行してHomebrewのバージョン情報が出力された場合はインストール済みです。

$ brew --version

インストール方法

https://brew.sh/index_ja

公式サイトのインストールに記載されている以下のスクリプトをターミナル上で実行します。

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

pyenvのインストール

macOSでHomebrewを使用してインストールする際の手順は以下に記載されています。

https://github.com/pyenv/pyenv#homebrew-on-macos

手順1の通り以下のコマンドをそれぞれ実行します。

$ brew update
$ brew install pyenv

手順2に記載の通り、以下のGitHubからチェックアウトする場合のインストール手順の3から作業を進めます。

https://github.com/pyenv/pyenv#basic-github-checkout

以下のコマンドを実行で.bash_profileに設定を追記します。

$ echo -e 'if command -v pyenv 1>/dev/null 2>&1; then\n  eval "$(pyenv init -)"\nfi' >> ~/.bash_profile

コマンドを実行すると~/.bash_profileの末尾に以下が追加されています。

if command -v pyenv 1>/dev/null 2>&1; then
  eval "$(pyenv init -)"
fi

~/.bash_profileに追記した設定を反映するため、シェルの再起動または設定ファイルの再読み込みを行います。

$ exec "$SHELL"

または

$ exec "$SHELL" -l

または

$ source ~/.bash_profile

Suggested build environmentに書いてある通り

https://github.com/pyenv/pyenv/wiki#suggested-build-environment

Xcode Command Line Toolsとbrewで必要なツールのインストールを行います。

$ xcode-select --install
$ brew install openssl readline sqlite3 xz zlib

インストール可能なバージョン一覧

$ pyenv install --list

pythonのインストール

$ pyenv install 2.7.8
$ pyenv install 3.8.2

$(pyenv root)/versions以下にインストールされます

pythonの設定

使用するpythonの設定方法は以下の通りです。

ローカル

$ pyenv local 3.8.2

グローバル

$ pyenv global 3.8.2

コマンドリファレンス

以下のページに使用できるコマンドの一覧があります。

https://github.com/pyenv/pyenv/blob/master/COMMANDS.md

-Python


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした