3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Excel

Excelでセルに文字列が入力されているか判定するISTEXT関数の使い方

投稿日:

ISTEXT(テストの対象)

テストの対象にテストを行うセルの参照等を渡すと、文字列が入力されている場合はTRUEが、そうでない場合はFALSEが返されます。

リンク

IS 関数
https://support.microsoft.com/ja-jp/office/is-%E9%96%A2%E6%95%B0-0f2d7971-6019-40a0-a171-f2d869135665

-Excel


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

Excelで連続した数値を生成するSEQUENCE関数の使い方

この関数はExcel365、Excel2021等で使用可能です。 SEQUENCE(行, [列], [開始], [目盛り]) 行と列には生成する配列の行列数を指定します。行に4、列に5を指定した場合、 …

no image

Excelで検索列より左側の値を取得する

A1:C6に以下のようなデータが入力されている場合に、IDで検索して名前や職種を取得する場合は VLOOKUP関数を使用することで取得できますが、名前からIDを取得したい場合に、検索列より左にあるデー …

no image

Excelで乱数を生成する

0以上で1より小さい乱数を返す =RAND() 指定範囲の乱数を返す =RANDBETWEEN(最小値,最大値) 以下の例では1~10の範囲で乱数を返します。 =RANDBETWEEN(1,10) 指 …

no image

Excelでセルが#N/Aを除くエラー値か判定するISERR関数の使い方

ISERR(テストの対象) テストの対象にテストを行うセルの参照等を渡すと、#N/A以外のエラー値の場合はTRUEが、そうでない場合はFALSEが返されます。 反対に#N/Aエラー値かどうかはISNA …

no image

Excelで#N/Aエラーか判定するISNA関数の使い方

ISNA(テストの対象) テストの対象にテストを行うセルの参照等を渡すと、#N/Aエラーの場合はTRUEが、そうでない場合はFALSEが返されます。