3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

MySQL

MySQLで重複したものを除外してデータを取得するDISTINCTの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はMySQLで重複したものを除外してデータを取得するDISTINCTの使い方についてまとめていきます。

使い方

以下のようにSELECTで取得するカラム名の前にDISTINCTを指定すると、そのカラムの値が重複するデータは除外されます。

SELECT DISTINCT column_name FROM table_name

-MySQL


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

MySQLのユーザー系操作まとめ

こんにちは、今日はMySQLのユーザー作成、ユーザー一覧の取得、ユーザーの権限の確認等、ユーザーに関する操作を行う方法についてまとめていきます。 確認環境 MySQL バージョン 5.7.21 ユーザ …

no image

MySQLで指定部分の文字列を抽出する関数SUBSTRINGの使い方

こんにちは、今日はMySQLで指定部分の文字列を抽出する関数SUBSTRINGの使い方についてまとめていきます。 使い方 第一引数に文字列、第二引数に開始位置を指定すると、開始位置以降が抽出されて返さ …

no image

MySQLで特定のカラムの値を置換する方法

こんにちは、今日はMySQLで特定のカラムの値を置換する方法についてまとめていきます。 確認環境 MySQL 5.7.21 カラムの値を置換する方法 以下のSQL文でカラムの値の置換が実行できます。 …