3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV プラグイン

RPGツクールMVでアクターのバトルコマンドをカスタマイズするプラグインHIME_ActorBattleCommandsの使い方

投稿日:2020年9月1日 更新日:

こんにちは、今日はRPGツクールMVで、アクターのバトルコマンドをカスタマイズすることができるプラグインActor Battle Commandsの使い方についてまとめていきます。

確認環境

RPGツクールMV Version 1.6.2

ダウンロード

以下のページのDownload項にあるdownload hereのリンク先にファイルが置かれているため、このリンクを右クリックでリンク先を別名で保存等から保存します。

使い方

このプラグインはアクターのメモ欄に特定の書式で記述することにより、アクターのバトルコマンドをカスタマイズしていきます。

攻撃

<battle command: attack />

防御

<battle command: guard />

スキル

アクターが使用可能なスキルタイプが全て追加されます。
魔法と必殺技が使用可能な場合はどちらもコマンドが追加されます。

<battle command: skill_list />

アイテム

<battle command: item />

スキルタイプn番目

データベースの タイプ > スキルタイプ でスキルタイプの1番に設定されているスキルタイプのコマンドが追加されます。
デフォルトでは1番目は魔法になっているため、この例では魔法のコマンドが追加されます。

数値を追加したいスキルタイプのIDに変更でそのスキルタイプのコマンドが追加されます。

<battle command: skill_type 1 />

コマンドを非表示

スクリプトで以下のようなコードを記述することにより、動的にコマンドを非表示にすることができます。

この例ではアクターID1のアイテムコマンドを非表示にします。

hide_actor_command(1, "item")

コマンドを表示

スクリプトで以下のようなコードを記述することにより、動的にコマンドを表示にすることができます。

この例ではアクターID1のアイテムコマンドを表示します。

show_actor_command(1, "item")

コマンドを無効化

スクリプトで以下のようなコードを記述することにより、動的にコマンドを無効化することができます。

disable_actor_command(1, "item")

コマンドを有効化

スクリプトで以下のようなコードを記述することにより、動的にコマンドを有効化することができます。

enable_actor_command(1, "item")

-RPGツクールMV, プラグイン


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RPGツクールMVでエンカウント禁止の変更をスクリプトから行う

イベントコマンドの1ページ目、アクター > エンカウント禁止の変更…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード 変数$gameSystemに …

no image

RPGツクールMV – 自作プラグインでマップ画面に独自のウィンドウを表示する

こんにちは、今日はRPGツクールMVの自作プラグインでマップ画面に独自のウィンドウを表示する方法についてまとめていきます。 確認環境 RPGツクールMV Version 1.6.2 マップ画面開始時の …

no image

RPGツクールMV – テストプレイで使用できるデバッグ機能まとめ

こんにちは、今日はRPGツクールMVのテストプレイで使用できるデバッグ機能についてまとめていきます。 確認環境 RPGツクールMV Version 1.6.2 機能一覧 以下の機能が使用可能です。 ノ …

no image

RPGツクールMVでアニメーションの表示をスクリプトから行う

イベントコマンドの2ページ目、キャラクター > アニメーションの表示…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード 以下のコードでアニメーショ …

no image

RPGツクールMVで画面のフラッシュをスクリプトから行う

RPGツクールMVで画面のフラッシュをスクリプトから行う方法についてまとめていきます。 イベントコマンドの2ページ目、画面 > 画面のフラッシュ…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > …