3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV

RPGツクールMV – マネージャークラスまとめ

投稿日:2020年5月14日 更新日:

こんにちは、今日はRPGツクールMVで様々な管理を行うマネージャークラスについてまとめていきます。

マネージャークラスはjs/rpg_managers.jsに定義されており、それぞれゲーム内で必要な様々な管理を行っています。

確認環境

RPGツクールMV Version 1.6.2

マネージャークラス一覧

以下がそれぞれ様々な管理を行うマネージャークラスの一覧です。

クラス名説明
DataManagerデータベースの値の管理を行います。
スクリプトからアクターの情報を取得する際に参照するグローバル変数「$dataActors」等に読み込んだ値を設定するのもこのクラスです。
「$dataActors」等はグローバル変数ですが、DataManagerクラスの定義部分に宣言が記述されています。
ConfigManagerオプションから設定する項目の管理を行います。
StorageManagerゲームデータのセーブの管理を行います。
ImageManager画像の管理を行います。
AudioManagerオーディオの管理を行います。
SoundManagerシステムSEの管理を行います。
TextManagerデータベースから設定したテキストの管理を行います。
SceneManagerゲームシーンの管理を行います。
スクリプトからシーン遷移するSceneManager.pushやSceneManager.gotoが定義されています。
BattleManager戦闘画面の管理を行います。
PluginManagerプラグインの管理を行います。

全て静的なクラス

以下はDataManagerクラスに定義されているものですが、他のクラスでも同様にコンストラクタで同じコードが記述されています。

function DataManager() {
    throw new Error('This is a static class');
}

以下のようにクラスのインスタンスを生成するとエラーを発生するようにしています。
これは管理するクラスはそれぞれの役割ごとに単一であるため、複数のマネージャーが存在できないような処置となっています。

var dataManager = new DataManager();

-RPGツクールMV


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RPGツクールMVでエンカウント禁止の変更をスクリプトから行う

イベントコマンドの1ページ目、アクター > エンカウント禁止の変更…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード 変数$gameSystemに …

no image

ゲームオーバー条件を変更するRPGツクールMVプラグインChangeGameoverConditionの使い方

このプラグインを導入すると、戦闘でゲームオーバーになる条件を全滅から、指定アクターが戦闘不能、誰か一人でも戦闘不能のいずれかに変更することができます。 このプラグインはトリアコンタン様が制作されたもの …

no image

RPGツクールMVでマップ名表示の変更をスクリプトから行う

こんにちは、今日はRPGツクールMVでマップ名表示の変更をスクリプトから行う方法についてまとめていきます。 イベントコマンドの3ページ目、マップ > マップ名表示の変更…と同様の操作を、イ …

no image

コマンド記憶がONの場合にターゲット選択も記憶するRPGツクールMVプラグインTargetRememberの使い方

このプラグインを導入すると、オプションでコマンド記憶をONにした場合に、ターゲット選択も記憶するようになります。 このプラグインはトリアコンタン様が制作されたものです。 確認環境 RPGツクールMV …

no image

RPGツクールMVでBGMの演奏をスクリプトから行う

RPGツクールMVでマップ名表示の変更をスクリプトから行う方法についてまとめていきます。 イベントコマンドの2ページ目、オーディオ・ビデオ > BGMの演奏…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ …