3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV スクリプト

RPGツクールMV – スクリプトからラベルジャンプを行う

投稿日:2020年5月6日 更新日:

こんにちは、今日はRPGツクールMVでスクリプトからラベルジャンプを行う方法についてまとめていきます。

確認環境

RPGツクールMV Version 1.6.2

ラベルジャンプするコード

ラベルジャンプは以下のコードで行います。
変数labelにジャンプしたいラベルを代入するとそのラベルまでジャンプします。
ラベルについてはイベントコマンドから設定しておきます。

var labelName = “ラベル名”;
for (var i = 0; i < this._list.length; i++) {
  var command = this._list[i];
  if (command.code === 118 && command.parameters[0] === labelName) {
    this.jumpTo(i);
    return;
  }
}
こちらの画像のイベント例では、最初のスクリプトで”ラベル2”にジャンプするため、「ラベル2にジャンプしました。」のメッセージが表示されます。

コードの内容

js/rpg_objects.js 9387行目あたりに定義されているcommand119がイベントコマンドのラベルジャンプが実行される場合のコードになっており、上記のコードはそちらと同様となっています。

this._listにはそのイベントのコマンドリストが格納されており、その内容から指定のラベルを探していきます。
this._listの各要素のcodeにコマンドの番号が格納されているためラベルのイベントコマンドの番号である118か確認、parameters[0]にその内容が格納されているためジャンプしたいラベル名と一致するか確認し、this.jumpTo(i)で指定の行数にジャンプしています。

まとめ

RPGツクールMVでスクリプトからラベルジャンプを行う方法についてまとめました。

他のイベントコマンドも同様にcommandXXXのような関数で定義されており、関数の処理内容を確認することでイベントコマンドのスクリプトから他のイベントコマンドと同様の処理が行えるようになりますので、確認してみてください。

-RPGツクールMV, スクリプト


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

RPGツクールMV – Skills.jsonとデータベースの対応表

RPGツクールMVエディタ上でデータベースのスキルで設定したデータは、プロジェクトフォルダのdata/Skills.jsonに保存されています。 Skills.jsonは最初の要素がnullで以降は各 …

no image

RPGツクールMV – Items.jsonとデータベースの対応表

RPGツクールMVエディタ上でデータベースのアイテムで設定したデータは、プロジェクトフォルダのdata/Items.jsonに保存されています。 Items.jsonは最初の要素がnullで以降は各要 …

no image

RPGツクールMVで二つ名の変更をスクリプトから行う

イベントコマンドの1ページ目、アクター > 二つ名の変更…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード actor関数の引数には名前を変更した …

no image

戦闘画面で使用できないスキルを非表示にするRPGツクールMVプラグインHiddenSkillsCannotUseの使い方

戦闘画面でもメニュー画面同様に通常MPが足りない等で使用不可能なスキルも表示自体は行われますが、このプラグインを導入すると使用できないスキルは戦闘画面では非表示になります。 このプラグインはトリアコン …

no image

RPGツクールMVでHPの増減をスクリプトから行う

RPGツクールMVでHPの増減をスクリプトから行う方法についてまとめていきます。 イベントコマンドの1ページ目、アクター > HPの増減…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリ …