3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Excel

Excelで#N/Aエラーか判定するISNA関数の使い方

投稿日:

ISNA(テストの対象)

テストの対象にテストを行うセルの参照等を渡すと、#N/Aエラーの場合はTRUEが、そうでない場合はFALSEが返されます。

-Excel


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

Excelで乱数を生成する

0以上で1より小さい乱数を返す =RAND() 指定範囲の乱数を返す =RANDBETWEEN(最小値,最大値) 以下の例では1~10の範囲で乱数を返します。 =RANDBETWEEN(1,10) 指 …

no image

Excelで連続した数値を生成するSEQUENCE関数の使い方

この関数はExcel365、Excel2021等で使用可能です。 SEQUENCE(行, [列], [開始], [目盛り]) 行と列には生成する配列の行列数を指定します。行に4、列に5を指定した場合、 …

no image

Excelで検査値と一致するまたは近い値の位置を返すMATCH関数の使い方

書式 MATCH(検査値, 検査範囲, [照合の種類]) 照合の種類については以下の値を指定します。 値動作1または省略検索値以下で最大の値(検索範囲は昇順に並んでいる必要があります)0検索値と等しい …

no image

Excelでセルが#N/Aを除くエラー値か判定するISERR関数の使い方

ISERR(テストの対象) テストの対象にテストを行うセルの参照等を渡すと、#N/A以外のエラー値の場合はTRUEが、そうでない場合はFALSEが返されます。 反対に#N/Aエラー値かどうかはISNA …

no image

Excelで指定行列数分シフトして参照を返すOFFSET関数の使い方

OFFSET(参照, 行数, 列数, [高さ], [幅]) 参照には基準となるセル、またはセル範囲を指定 行数と列数には基準からシフトする行数と列数を指定します。行数に正の値を渡した場合は下に、負の値 …