3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Excel

Excelで#N/Aエラーか判定するISNA関数の使い方

投稿日:

ISNA(テストの対象)

テストの対象にテストを行うセルの参照等を渡すと、#N/Aエラーの場合はTRUEが、そうでない場合はFALSEが返されます。

-Excel


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

Excelでセルが空白か判定するISBLANK関数の使い方

ISBLANK(テストの対象) テストの対象にテストを行うセルの参照等を渡すと、空白の場合はTRUEが、そうでない場合はFALSEが返されます。 リンク IS 関数https://support.mi …

no image

Excelで乱数を生成する

0以上で1より小さい乱数を返す =RAND() 指定範囲の乱数を返す =RANDBETWEEN(最小値,最大値) 以下の例では1~10の範囲で乱数を返します。 =RANDBETWEEN(1,10) 指 …

no image

Excelでセルが#N/Aを除くエラー値か判定するISERR関数の使い方

ISERR(テストの対象) テストの対象にテストを行うセルの参照等を渡すと、#N/A以外のエラー値の場合はTRUEが、そうでない場合はFALSEが返されます。 反対に#N/Aエラー値かどうかはISNA …

no image

Excelでセルに文字列が入力されているか判定するISTEXT関数の使い方

ISTEXT(テストの対象) テストの対象にテストを行うセルの参照等を渡すと、文字列が入力されている場合はTRUEが、そうでない場合はFALSEが返されます。 リンク IS 関数https://sup …

no image

Excelでセルに数値が入力されているか判定するISNUMBER関数の使い方

ISNUMBER(テストの対象) テストの対象にテストを行うセルの参照等を渡すと、数値が入力されている場合はTRUEが、そうでない場合はFALSEが返されます。 リンク IS 関数https://su …