3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

HTML JavaScript

input要素で選択したファイルのバイナリデータをFile APIで表示する

投稿日:

サンプルコード

input要素で選択したファイルのバイナリデータを16進数表記でpre要素に出力します。

<input type="file">
<pre></pre>
<script>
function zeroPadding(num, digit){
  return (Array(digit).join('0') + num).slice(-digit);
}

const header = "ADDRESS  00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 0A 0B 0C 0D 0E 0F" + "\n";
const input = document.querySelector('input');
const pre = document.querySelector('pre');
pre.innerHTML = header;

input.addEventListener("change", (event) => {
  let fileList = event.target.files;
  let fileReader = new FileReader();
  fileReader.readAsArrayBuffer(fileList[0]);
  fileReader.onload = function(event){
    let dataView = new DataView(fileReader.result);

    let bin = "";
    for(let i = 0; i < dataView.byteLength; i++)
    {
      if(i % 16 == 0)
      {
        if(i != 0) bin += "\n";
        bin += zeroPadding(i.toString(16), 8);
      }
      bin += " " + zeroPadding(dataView.getUint8(i).toString(16), 2);
    }
    pre.innerHTML = header + bin;
  }
},false);
</script>

リンク

FileReader.readAsArrayBuffer() – Web API | MDN
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/FileReader/readAsArrayBuffer

DataView – JavaScript | MDN
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/DataView

-HTML, JavaScript


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ブラウザのコンソールからページ内のリンクリストを確認する

ブラウザのコンソールにdocument.linksの内容を出力すると、現在の文書内にあるリンクのリストが返され、任意の要素をクリックでそのリンクを確認することができます。 console.log(do …

no image

JavaScriptでブラウザ履歴の前のページや次のページへ移動する

前のページへ window.history.back() 次のページへ window.history.forward() 指定ページ数前へ window.history.go関数の引数にマイナスの数値 …

no image

チャートを簡単に追加できるJavaScriptライブラリChart.jsの使い方

折れ線グラフ、棒グラフ、レーダーチャート、ドーナツチャート、円グラフ、ポーラチャート、バブルチャート、散布図等のチャートをWebサイトに簡単に追加することができます。 公式サイト https://ww …

no image

JavaScriptで配列やオブジェクトの一部を代入する分割代入

JavaScriptで変数に配列やオブジェクトから値を代入する際に、左辺の変数名に角括弧[]を付けることで配列やオブジェクトの一部のみ代入することが可能です。 以下の例では変数aに右辺の配列の内最初の …

no image

JavaScriptで処理時間を計測する

performance.now関数を用いて処理時間を計測します。計測したい処理の実行前後にperformance.now関数でtime originからの経過時間を取得し、その差を比較します。 DOM …