3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

JavaScript

JavaScriptで呼び出し回数をカウントする関数Console.count

投稿日:2021年8月25日 更新日:

引数に任意のラベルを指定すると、ラベルごとに呼び出された回数をカウントし、現在の呼び出し回数を出力します。
ラベルを省略した場合はラベルにdefaultを指定したものとして扱われます。

Console.count('Label')

リンク

Console.count() – Web API | MDN
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/console/count

-JavaScript


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

JavaScriptで処理時間を計測する

performance.now関数を用いて処理時間を計測します。計測したい処理の実行前後にperformance.now関数でtime originからの経過時間を取得し、その差を比較します。 DOM …

no image

JavaScriptで値を素因数分解する

以下のコードでは、渡された値を素因数分解して文字列で結果を返す関数primeFactorizationを定義しています。 function primeFactorization(value) { va …

no image

チャートを簡単に追加できるJavaScriptライブラリChart.jsの使い方

折れ線グラフ、棒グラフ、レーダーチャート、ドーナツチャート、円グラフ、ポーラチャート、バブルチャート、散布図等のチャートをWebサイトに簡単に追加することができます。 公式サイト https://ww …

no image

JavaScriptでスタックトレースを出力する関数Console.trace

console.trace()を実行するとコンソールにスタックとレースを出力することができます。 function test1() { test2(); } function test2() { co …

no image

input要素で選択したファイルのバイナリデータをFile APIで表示する

サンプルコード input要素で選択したファイルのバイナリデータを16進数表記でpre要素に出力します。 <input type="file"> <pre> …