3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

JavaScript

JavaScriptで呼び出し回数をカウントする関数Console.count

投稿日:2021年8月25日 更新日:

引数に任意のラベルを指定すると、ラベルごとに呼び出された回数をカウントし、現在の呼び出し回数を出力します。
ラベルを省略した場合はラベルにdefaultを指定したものとして扱われます。

Console.count('Label')

リンク

Console.count() – Web API | MDN
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/console/count

-JavaScript


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

タッチジェスチャーを実装するJavaScriptライブラリHammer.jsの使い方

こんにちは、今日はWebサイトにタッチジェスチャーを実装することができるJavaScriptライブラリ、Hammer.jsの使い方についてまとめていきます。 イベントの設定方法 通常のJavaScri …

no image

JavaScriptでテキストをエンコードする

UTF-8エンコード TextEncoder.prototype.encode() TextEncoderオブジェクトを生成、encodeメソッドにUSVString値を渡すと、エンコードされたUin …

no image

ブラウザのコンソールからページ内の画像リストを確認する

ブラウザのコンソールにdocument.imagesの内容を出力すると、現在の文書内にある画像のリストが返され、任意の要素をクリックでその画像を確認することができます。 console.log(doc …

no image

JavaScriptで指定時間ごとに処理を実行する

指定時間ごとに処理を実行する setInterval関数の第一引数に指定時間経過ごとに実行したいコールバック関数を、第二引数に待機時間をミリ秒で指定します。 以下の例では関数callbackFuncを …

no image

フレキシブルなJavaScriptチャートライブラリTauchartsの使い方

サンプルコード 公式ドキュメントのTutorialsの内、簡易的なものを実際に動かしてみます。https://api.taucharts.com/tutorials/1min.html <htm …