3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV プラグイン

戦闘コマンド選択ウィンドウの上に顔グラフィックを表示するRPGツクールMVプラグインBattleActorFaceVisibilityの使い方

投稿日:

このプラグインを導入すると、上の画像のように戦闘コマンドウィンドウの上に現在コマンドを選択しているアクターの顔グラフィックを表示することができます。

このプラグインはトリアコンタン様が制作されたものです。

確認環境

  • RPGツクールMV Version 1.6.3
  • BattleActorFaceVisibility Version 1.6.0

ダウンロード

以下がプラグイン本体へのリンクです。
右クリックして名前を付けてリンク先を保存等からダウンロードし、プロジェクトに配置します。

https://raw.githubusercontent.com/triacontane/RPGMakerMV/master/BattleActorFaceVisibility.js

または、以下のGoogleスプレッドシートにある戦闘中顔グラフィック表示プラグインのダウンロードリンクからダウンロードします。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1BnTyJr3Z1WoW4FMKtvKaICl4SQ5ehL5RxTDSV81oVQc/edit#gid=30581402

使い方

顔グラフィックの代わりに任意のピクチャを表示する

<face_picture:(拡張子を除いたピクチャのファイル名)>

アクターのメモ欄に上記の記述を追加すると、指定したピクチャが表示されるようになります。

顔グラフィックより多きいピクチャを指定した場合は、顔グラフィックと同じサイズに縮小されます。

制御文字「\V[n]」が使用できるため、変数で表示する画像の変更も可能です。

HPの値によって表示する顔グラフィックを切り替え

<face_actor_hp50:5>

アクターのメモ欄に上記のような書式で記述します。

face_actor_hpに続く数値は10%単位でHPの残りパーセントを指定します。
コロンの後にはアクターIDを指定し、そのアクターIDの顔グラフィックが表示されます。

この例ではHPが50%以下になった時、アクターID5の顔グラフィックが表示されます。

特定ステートの場合に顔グラフィックを切り替え

<face_actor_state5:6>

アクターのメモ欄に上記のような書式で記述します。

face_actor_stateに続く数値には対象のステートIDを指定します。
コロンの後にはアクターIDを指定し、そのアクターIDの顔グラフィックが表示されます。

この例ではステートID5になった時、アクターID6の顔グラフィックが表示されます。

ライセンス

MIT

Googleスプレッドシートの概要シートにライセンスについて記載があります。

-RPGツクールMV, プラグイン


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

指定スイッチと変数を他セーブデータと共有するRPGツクールMVプラグインUTA_CommonSaveの使い方

このプラグインを導入すると、プラグインパラメータで指定したスイッチ、変数の値が各セーブデータ間で共有されるようになります。 このプラグインは赤月 智平様が制作されたプラグインです。 確認環境 RPGツ …

no image

RPGツクールMV – Classes.jsonとデータベースの対応表

RPGツクールMVエディタ上でデータベース > 職業で設定したデータは、プロジェクトフォルダのdata/Classes.jsonに保存されています。 Classes.jsonは最初の要素がnullで以 …

no image

RPGツクールMVでセルフスイッチの操作をスクリプトから行う

イベントコマンドの1ページ目、ゲーム進行 > セルフスイッチの操作…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード 以下のコードでセルフスイッチ …

no image

RPGツクールMVでクリック判定を行う方法

確認環境 RPGツクールMV Version 1.6.3 左クリックされているか TouchInput.isTriggered(); 右クリックされているか TouchInput.isCancelle …

no image

RPGツクールMV – イベントコマンドと内部関数の対応表

こんにちは、今日はRPGツクールMVでイベントに設定したイベントコマンドと、その実際の処理内容が記述されている内部の関数との対応についてまとめていきます。 こちらの処理内容を確認することで、イベントコ …