3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

WordPress

WordPressで指定タイプの現在時刻を取得する関数current_timeの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はWordPressで指定タイプの現在時刻を取得する関数、current_timeの使い方についてまとめていきます。

確認環境

WordPress 5.5.1

使い方

current_time関数は引数に時刻のタイプやGMTタイムゾーンを使用するかを指定すると、PHPのtime()やDateTimeオブジェクトのフォーマットされたものが返されます。

current_time( 'timestamp' )
// 1601191934

current_time( 'mysql' )
// 2020-09-27 07:32:14

引数

引数説明
$type‘timestamp’、’mysql’、またはDateTime::format関数の引数に渡す値を指定します。
$gmt1、またはtrueを指定するとGMTタイムゾーンで時刻が返されます。
デフォルト値は0です。

定義箇所

wp-includes/functions.phpの71行目に定義されています。

リンク

current_time() | Function | WordPress Developer Resources
https://developer.wordpress.org/reference/functions/current_time/

PHP: time – Manual
https://www.php.net/manual/ja/function.time.php

PHP: DateTime::format – Manual
https://www.php.net/manual/ja/datetime.format.php

-WordPress


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

WordPressで取得した投稿の配列をフィルタリングするフックthe_postsの使い方

こんにちは、今日はWordPressで取得した投稿の配列をフィルタリングすることができるフック、the_postsの使い方についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 使い方 …

no image

WordPress管理アクションのアクションフック一覧

こんにちは、今日はWordPress管理アクションのアクションフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 アクションフック一覧 フック名説明activate_(plug …

no image

WordPressで通常リクエスト時に発生するアクションフック一覧

こんにちは、今日はWordPressで通常リクエスト時に発生するアクションフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フック一覧 フック名説明muplugins_loa …

no image

WordPressでURLにクエリパラメータを付与する方法

こんにちは、今日はWordPressでURLにクエリパラメータを付与する方法についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5 クエリパラメータを付与する WordPressでURLにク …

no image

WordPressでユーザー一覧を取得する関数get_usersの使い方

こんにちは、今日はWordPressでユーザー一覧を取得することができる関数get_usersの使い方についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 引数 キー説明blog_id …