3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

WordPress

WordPressサイトでユーザーのログイン履歴を確認できるプラグインUser Login Historyの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はWordPressサイトでユーザーのログイン履歴を確認できるプラグイン、User Login Historyの使い方についてまとめていきます。

確認環境

  • WordPress 5.4.2
  • User Login History バージョン 2.0.0

インストール方法

管理画面でプラグイン > 新規追加から「User Login History」で検索してインストール。
または以下のページからファイルをダウンロードしてサーバーにアップロードします。

ログイン履歴の確認方法

プラグインを有効化すると管理画面のメニューに「User Login History」という項目が追加され、Login Listで以降のログイン履歴が確認できます。

項目

項目説明
User IDWordPressユーザーID
UsernameWordPressユーザー名
Role現在の権限
Old Roleログイン時の権限
Browserブラウザ
Operating SystemOS
IP AddressIPアドレス
Timezoneタイムゾーン
Country
User Agentユーザーエージェント
Durationログイン時間
Last Seen最終操作
Loginログイン日時
Logoutログアウト日時
Login Statusログイン状態

設定

プラグインを有効化すると管理画面の設定 > User Login Historyメニューが追加され、ここでプラグインの設定が行えます。

Basic Settings

Login Listで表示されるLast Seen列の色付き丸の表示設定を行います。

オフラインユーザー
グレーアイドルユーザー
オンラインユーザー

Online

オンラインユーザー表示にする分数を設定します。
デフォルトは2になっており、Last Seen列の時間が2分の場合は緑色の表示になります。

Idle

アイドルユーザー表示にする分数を設定します。
デフォルトは30になっており、Last Seen列の時間がOnlineに設定した分数〜30分の場合は灰色の表示になります。

Idleに設定した分数を超過した場合は赤色の表示になります。

Advanced Settings

Geo Tracker

国とタイムゾーンのトラッキングを行います。
サードパーティのAPIを使用するため非推奨になっています。

-WordPress


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

WordPress – 目次を追加するEasy Table of Contentsの使い方

こんにちは、今日はWordPressで目次を追加することができるEasy Table of Contentsの使い方についてまとめていきます。 見出しを用いて記述を行なっていれば、自動で検出して全ペー …

no image

WordPressで指定タイプの現在時刻を取得する関数current_timeの使い方

こんにちは、今日はWordPressで指定タイプの現在時刻を取得する関数、current_timeの使い方についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 使い方 current_ …

no image

WordPressで投稿内のリンク先に通知する機能を無効化する

WordPressではデフォルトで投稿内にリンクがあった場合にそのリンク先に通知を試みる設定になっています。 こちらの機能を無効化するには以下の設定から行えます。 設定 > ディスカッション設定 > …

no image

WordPressカテゴリとタームのフィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPressカテゴリとタームのフィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フィルターフック一覧 フック名説明category_desc …

no image

WordPress管理画面関連のフィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPress管理画面関連のフィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フィルターフック一覧 フック名説明admin_user_info …