3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

WordPress

WordPressのログイン画面URLを変更するプラグインWPS Hide Loginの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はWordPressのログイン画面URLを変更するプラグインWPS Hide Loginの使い方についてまとめていきます。

確認環境

WordPress 5.4.2

インストール方法

プラグイン > 新規追加からWPS Hide Loginで検索してインストール、または以下のページからダウンロードしてサイトにアップロードします。

設定

プラグインを有効化すると設定 > 一般にWPS Hide Loginの設定項目が追加されます。

Login urlがwp-login.php、wp-adminから変更するURLで、こちらがログインURLになります。
デフォルトではloginになっているため、こちらを任意の文字列に変更します。

Redirection urlは非ログインユーザがwp-login.php、またはwp-adminにアクセスした際にリダイレクトするURLです。
デフォルトでは404になっているため、特に変更が必要なければそのままにします。

-WordPress


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

WordPressサイトでユーザーのログイン履歴を確認できるプラグインUser Login Historyの使い方

こんにちは、今日はWordPressサイトでユーザーのログイン履歴を確認できるプラグイン、User Login Historyの使い方についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.4. …

no image

WordPressで投稿一覧を取得する関数get_postsの使い方

こんにちは、今日はWordPressで投稿一覧を取得する関数、get_postsの使い方についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 引数 キー説明attachment_id添 …

no image

WordPressでクエリ句をフィルタリングするposts_clausesの使い方

こんにちは、今日はWordPressでクエリ句をフィルタリングするposts_clausesの使い方についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 使い方 $clausesはWH …

no image

WordPress機能の高度なフィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPress機能の高度なフィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.3 フック一覧 フック名説明create_user_query新しいユ …

no image

WordPressで取得した投稿の配列をフィルタリングするフックthe_postsの使い方

こんにちは、今日はWordPressで取得した投稿の配列をフィルタリングすることができるフック、the_postsの使い方についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 使い方 …