3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

WordPress

WordPressのログイン画面URLを変更するプラグインWPS Hide Loginの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はWordPressのログイン画面URLを変更するプラグインWPS Hide Loginの使い方についてまとめていきます。

確認環境

WordPress 5.4.2

インストール方法

プラグイン > 新規追加からWPS Hide Loginで検索してインストール、または以下のページからダウンロードしてサイトにアップロードします。

設定

プラグインを有効化すると設定 > 一般にWPS Hide Loginの設定項目が追加されます。

Login urlがwp-login.php、wp-adminから変更するURLで、こちらがログインURLになります。
デフォルトではloginになっているため、こちらを任意の文字列に変更します。

Redirection urlは非ログインユーザがwp-login.php、またはwp-adminにアクセスした際にリダイレクトするURLです。
デフォルトでは404になっているため、特に変更が必要なければそのままにします。

-WordPress


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

WordPressで通常リクエスト時に発生するアクションフック一覧

こんにちは、今日はWordPressで通常リクエスト時に発生するアクションフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フック一覧 フック名説明muplugins_loa …

no image

WordPressでカスタム投稿タイプを追加する方法

こんにちは、今日はWordPressでカスタム投稿タイプを追加する方法についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 カスタム投稿タイプの追加 カスタム投稿タイプを追加するには、 …

no image

WordPressで投稿、ページ、添付ファイル、カテゴリの管理者アクション一覧

こんにちは、今日はWordPressで投稿、ページ、添付ファイル、カテゴリの管理者アクションについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フック一覧 フック名説明post_su …

no image

WordPressのコメント、ping、トラックバックのアクションフック一覧

こんにちは、今日はWordPressのコメント、ping、トラックバックのアクションフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 アクションフック一覧 フック名説明com …

no image

WordPressで投稿の更新時に表示されるメッセージのフィルターフックpost_updated_messagesの使い方

こんにちは、今日はWordPressで投稿の更新時に表示されるメッセージのフィルターフック、post_updated_messagesの使い方についてまとめていきます。 確認環境 使い方 以下の公式マ …