3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

JavaScript

JavaScriptでブラウザ履歴の前のページや次のページへ移動する

投稿日:

前のページへ

window.history.back()

次のページへ

window.history.forward()

指定ページ数前へ

window.history.go関数の引数にマイナスの数値を渡すと、その数値分前のページに移動します。

指定ページ数次へ

window.history.go関数の引数にプラスの 数値を渡すと、その数値分次のページに移動します。

window.history.go(1)

現在のページをリロード

window.history.go関数の引数に0を渡す、または引数を省略すると、現在のページをリロードします。

window.history.go(0)
window.history.go()

リンク

History API – Web API | MDN
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/History_API

-JavaScript


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

フレキシブルなJavaScriptチャートライブラリTauchartsの使い方

サンプルコード 公式ドキュメントのTutorialsの内、簡易的なものを実際に動かしてみます。https://api.taucharts.com/tutorials/1min.html <htm …

no image

JavaScriptでMath.jsを用いて組み合わせの数の計算をする

math.combinations関数の第一引数に総数を、第二引数に取り出す数を渡すと、組み合わせの数が返されます。 <html> <head> <script type …

no image

JavaScriptで値が素数か判定する

以下のコードでは、渡された値が素数か判定する関数isPrimeNumberを定義しています。 Number.isIntegerで引数が整数か判定し、その後1から引数で渡された値の範囲で引数の値を割って …

no image

File APIでinput要素で選択したファイルの情報を確認する

サンプル <input type="file"> <script> const input = document.querySelector(‘input’ …

no image

カルーセルを実装するjQueryプラグインslickの使い方

こんにちは、今日はカルーセルを実行できるjQueryプラグイン、slickの使い方についてまとめていきます。 公式サイト https://kenwheeler.github.io/slick/ ダウン …