3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

HTML JavaScript

JavaScriptで数値を2進数や16進数の文字列に変換する

投稿日:

toString関数の引数に基数の値を指定すると、その形式に変換された文字列が返されます。
基数は2~36までの間で指定可能です。

16進数に変換する

この例では30を16進数に変換した1eが出力されます。

let num = 30;
let str = num.toString(16);
console.log(str);

アルファベットを大文字にする

アルファベットを大文字にしたい場合は、以下のようにtoUpperCase関数を呼び出します。

num.toString(16).toUpperCase();

0埋めする

以下のようにpadStart関数を使用すると、0埋めすることもできます。

第一引数には桁数を、第二引数には指定桁数に満たない場合に埋める文字を指定します。

num.toString(16).padStart(2, '0')

-HTML, JavaScript


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

File APIでinput要素で選択したファイルの情報を確認する

サンプル <input type="file"> <script> const input = document.querySelector(‘input’ …

no image

JavaScriptで処理時間を計測する

performance.now関数を用いて処理時間を計測します。計測したい処理の実行前後にperformance.now関数でtime originからの経過時間を取得し、その差を比較します。 DOM …

no image

JavaScriptでコンソールにデータを表形式で表示する関数Console.table

以下のように引数にオブジェクトを渡すと、その内容を表形式でコンソールに出力することができます。 console.table(["value1", "value2& …

no image

ブラウザのコンソールからページ内の画像リストを確認する

ブラウザのコンソールにdocument.imagesの内容を出力すると、現在の文書内にある画像のリストが返され、任意の要素をクリックでその画像を確認することができます。 console.log(doc …

no image

ブラウザのコンソールからページ内のリンクリストを確認する

ブラウザのコンソールにdocument.linksの内容を出力すると、現在の文書内にあるリンクのリストが返され、任意の要素をクリックでそのリンクを確認することができます。 console.log(do …