3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unix

Let’s Encrypt の証明書を手動で更新する方法

投稿日:

こんにちは、今日はLet’s Encrypt の証明書を手動で更新する方法についてまとめていきます。

確認環境

  • CentOS Linux release 7.4.1708
  • Apache 2.4.6

更新手順

証明書の情報を確認する

以下のコマンドで証明書の情報を確認できます。

$ sudo certbot certificates

Expiry Dateの期限が切れている、または期限間近であることを確認します。

証明書更新のテスト

証明書を更新する前に、以下のコマンドにて更新のテストが行えます。

$ sudo certbot renew --dry-run

このコマンドの実行結果でCongratulations, all renewals succeeded.の表示が確認できた場合は正常に更新が行えます。

エラーが出た場合は表示内容から対応し、再度このコマンドでテストを行います。

証明書更新の実行

テストが問題なく通った場合は、以下のコマンドで実際に証明書の更新を行います。

$ sudo certbot renew

以下のような結果が表示された場合は、正常に表示されている証明書が更新されています。
再度証明書の情報を確認すると期限が変わっているのを確認できます。

Congratulations, all renewals succeeded. The following certs have been renewed:

Webサーバーの再起動

証明書の更新が完了したら、Webサーバーの再起動を行い証明書を適用します。

$ sudo service httpd restart

これでエラーが出なければ正常に更新されていることを確認し、証明書の更新は完了です。

-Unix


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

実行中のプロセス一覧を表示するUnix系コマンドpsの使い方

こんにちは、今日はUnix系OSで実行中のプロセス一覧を表示するコマンド、psの使い方についてまとめていきます。 使い方 引数なしでコマンドを実行すると、現在のユーザが実行中のプロセスの一覧が表示され …

no image

CentOS 7 + Apache 2.4 環境に Let’s Encrypt の証明書を導入する

こんにちは、今日は CentOS 7 + Apache 2.4 の環境に、無料のSSL証明書であるLet’s Encrypt の証明書を導入する手順について解説します。 本記事ではサーバーにSSHで接 …

no image

コマンドの実行履歴を確認できるhistoryコマンドの使い方

こんにちは、今日はUNIXのOSで実行したコマンドの履歴を確認することができるhistoryコマンドの使い方についてまとめていきます。 コマンドの実行履歴を表示 引数なしでhistoryコマンドを実行 …

no image

vimコマンドでファイル差分を確認する方法

こんにちは、今日はvimコマンドでファイル差分を確認する方法についてまとめていきます。 確認環境 VIM – Vi IMproved 8.0 差分表示 vimエディタで差分を確認するにはdiffspl …

no image

Unix系OSで現在使用しているシェルを確認する方法

こんにちは、今日はUnix系OSで現在使用しているシェルを確認する方法についてまとめていきます。 変数$0の値を確認する シェルの特殊変数$0には現在実行中のシェル、またはシェルスクリプト名が格納され …