3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV スクリプト

RPGツクールMVで敗北MEの変更をスクリプトから行う

投稿日:2021年3月30日 更新日:

イベントコマンドの1ページ目、アクター > 敗北MEの変更と同様の操作を、
イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。

スクリプトコード

変数$gameSystemにはGame_Systemクラスのインスタンスが格納されており、そのクラスのsetDefeatMe関数を呼び出すことで敗北MEの変更を行います。
Game_Systemクラスはjs\rpg_objects.jsの63行目あたりに定義されています。

setDefeatMe関数の引数に渡すオブジェクトの、nameには再生するBGM名、volumeには音量、pitchにはピッチ、panには位相を指定します。

$gameSystem.setDefeatMe({"name":"Defeat1","volume":90,"pitch":100,"pan":0});

イベントコマンドの内容

イベントコマンドの敗北MEの変更を追加した場合、内部的には以下のようなデータが挿入されており、
js\rpg_objects.jsの9694行目に定義されているcommand139関数が呼び出され、引数にparametersの値が渡されています。

{"code":139,"indent":0,"parameters":[{"name":"Defeat1","volume":90,"pitch":100,"pan":0}]}

parametersの値の内容は以下の通りです。

インデックス内容
[0]name : ME名
volume : 音量
pitch : ピッチ
pan : 位相

-RPGツクールMV, スクリプト


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

選択肢の項目を非表示にできるRPGツクールMVプラグインHIME_HiddenChoiceConditionsの使い方

このプラグインを導入すると、選択肢の項目をプラグインコマンドやスクリプトで非表示にできるようになります。 このプラグインはHimeWorks様が制作されたものです。 確認環境 RPGツクールMV Ve …

no image

数値入力画面を追加するRPGツクールMVプラグインSceneNumberInputの使い方

このプラグインを導入すると、上の画像のような数値入力画面を追加することができます。 このプラグインはトリアコンタン様が制作されたものです。 確認環境 RPGツクールMV Version 1.6.3Sc …

no image

RPGツクールMV – Classes.jsonとデータベースの対応表

RPGツクールMVエディタ上でデータベースの職業で設定したデータは、プロジェクトフォルダのdata/Classes.jsonに保存されています。 Classes.jsonは最初の要素がnullで以降は …

no image

RPGツクールMVでHPやアイテムを消費するスキルを設定できるプラグインTMSkillCostExの使い方

このプラグインを導入すると、通常MP、TPを消費するスキルに、HP、アイテム、経験値、お金、変数の値をコストに設定することができます。 このプラグインはtomoaky様が制作されたものです。 確認環境 …

no image

RPGツクールMVでメッセージのスキップやオートを実装するプラグインMessageSkipの使い方

オート スキップ このプラグインを導入すると、イベントコマンドの文章の表示で表示するメッセージのスキップ、オート状態への変更が可能になります。 このプラグインはトリアコンタン様が制作されたものです。 …