3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV スクリプト

RPGツクールMVでMPの増減をスクリプトから行う

投稿日:2021年3月28日 更新日:

RPGツクールMVでMPの増減をスクリプトから行う方法についてまとめていきます。

イベントコマンドの1ページ目、アクター > MPの増減と同様の操作を、
イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。

スクリプトコード

iterateActorExを使用する場合

以下のようにthis.iterateActorEx関数を使用して、スクリプトからMPの増減を行うことができます。

iterateActorExの第一引数には、第二引数でアクターのIDを固定で指定するか、変数で指定するかを示す値を渡します。(固定の場合は0、変数の場合は1)
第二引数にはアクターのID、または変数のIDを指定します。
第三引数にはfunctionを渡していますが、この関数の引数に対象のアクターが渡されるため、その値を用いて対象アクターに処理を行っていきます。

第三引数に渡している関数の内部で呼び出しているactor.gainMp関数の引数には増減する値を指定します。

以下の例ではアクターの1番のMPを10減らしています。

this.iterateActorEx(0, 1, function(actor) {
    actor.gainMp(-10);
}.bind(this));

iterateActorExを使用しない場合

上記の例は、実際にイベントコマンドでMPの増減が設定されている場合に使用されている関数ですが、アクター単体であれば以下のようにアクターのデータは$gameActors.actor関数で取得し、取得したアクターのgainMp関数を呼び出す方法もあります。

$gameActors.actor関数の引数にはアクターIDを指定します。

$gameActors.actor(1).gainMp(-10);

イベントコマンドの内容

イベントコマンドのMPの増減を追加した場合、内部的には以下のようなデータが挿入されており、
js\rpg_objects.jsの10211行目に定義されているcommand312関数が呼び出され、引数にparametersの値が渡されています。

{"code":312,"indent":0,"parameters":[0,1,1,0,10]}

parametersの値の内容は以下の通りです。

インデックス内容
[0][1]に格納されている値が固定か変数かを示す値(0 : 固定、1 : 変数)
[1]アクターのID、または変数のID
[2]どの操作を行うかを示す値(0 : 増やす、1 : 減らす)
[3][4]に格納されている値が定数か変数かを示す値(0 : 定数、1 : 変数)
[4]オペランドの定数の値、または変数のID

-RPGツクールMV, スクリプト


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RPGツクールMVで全バトルにバトルイベントを適用するプラグインAlwaysAppliedBattleEventの使い方

全バトルで実行したいバトルイベントがある場合、特定の敵グループに設定したものを全グループで実行することができるようになります。 このプラグインはこま様が制作されたプラグインです。 ダウンロード 以下の …

no image

RPGツクールMVでリングコマンドを実装するプラグインTMRingCommandの使い方

このプラグインを導入すると、マップシーンで上のgifのようなリングコマンドを追加できます。 このプラグインはtomoaky様が制作されたものです。 確認環境 RPGツクールMV Version 1.6 …

no image

[RPGツクールMV]制御文字一覧と表示内容まとめ

こんにちは、今日はRPGツクールMVで文字を表示する際に使用できる制御文字について、一覧とそれぞれの表示内容についてまとめていきます。 確認環境 RPGツクールMV 1.6.2 使用できる制御文字の一 …

no image

戦闘画面で使用できないスキルを非表示にするRPGツクールMVプラグインHiddenSkillsCannotUseの使い方

戦闘画面でもメニュー画面同様に通常MPが足りない等で使用不可能なスキルも表示自体は行われますが、このプラグインを導入すると使用できないスキルは戦闘画面では非表示になります。 このプラグインはトリアコン …

no image

RPGツクールMVでイベントにプレイヤー探索機能を付与するプラグインMKR_PlayerSensorの使い方

イベントに視界範囲を持たせることで、ステルスゲームのように敵に見つからないように進んでいくゲームの制作が可能になります。 このプラグインはマンカインドさんが制作されたプラグインです。 デモ マンカイン …