3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV スクリプト

RPGツクールMVでスクリプトから選択肢を表示する

投稿日:2020年5月4日 更新日:

こんにちは、今日はイベントコマンドの選択肢の表示をスクリプトから行う方法について解説します。

以下のスクリプトで選択肢の表示が行えます。
this._branch[this._indent]は選択肢の表示と別のスクリプトで設定する必要があります。

this.setupChoices([["選択肢1","選択肢2","選択肢3"],1,2,0,1]);
this.setWaitMode('message');
switch (this._branch[this._indent]) {
  case 0: $gameMessage.add("選択肢1が選択されました。”); break;
  case 1: $gameMessage.add("選択肢2が選択されました。"); break;
  case 2: $gameMessage.add("選択肢3が選択されました。"); break;
  default: $gameMessage.add("キャンセルを選択"); break;
}

setupChoices関数で選択肢の設定
setWaitMode関数で設定した選択肢を表示
this._branch[this._indent]に選択した番号が入っているためその値から処理を切り替えます。

setupChoices関数

setupChoices関数の引数には以下のような内容の要素を持つ配列を渡します。
1番目 : 選択肢の配列
2番目 : キャンセル時の選択番号
3番目 : デフォルトの選択番号
4番目 : ウィンドウ位置(0 左, 1 中央, 2 右)
5番目 : ウィンドウ背景

-RPGツクールMV, スクリプト


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

RPGツクールMVでSEの停止をスクリプトから行う

RPGツクールMVでSEの停止をスクリプトから行う方法についてまとめていきます。 イベントコマンドの2ページ目、オーディオ・ビデオ > SEの停止…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 …

no image

RPGツクールMVでメッセージのスキップやオートを実装するプラグインMessageSkipの使い方

オート スキップ このプラグインを導入すると、イベントコマンドの文章の表示で表示するメッセージのスキップ、オート状態への変更が可能になります。 このプラグインはトリアコンタン様が制作されたものです。 …

no image

RPGツクールMVで並び替え禁止の変更をスクリプトから行う

イベントコマンドの1ページ目、アクター > 並び替え禁止の変更…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード 変数$gameSystemにはG …

no image

RPGツクールMVで敗北MEの変更をスクリプトから行う

イベントコマンドの1ページ目、アクター > 敗北MEの変更…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード 変数$gameSystemにはGam …

no image

RPGツクールMVでメニュー画面の顔画像をSV戦闘キャラ画像に変更するプラグインTMMenuBattlerの使い方

このプラグインを導入すると、データベース > システム > オプション > サイドビュー戦闘を使用にチェックが入っている場合に、上のgifのようにメニュー画面の顔画像がサイドビュー戦闘キャラ画像に変更 …