3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

WordPress

STINGER8にGoogle アナリティクスのトラッキングコードを設置する方法

投稿日:2020年5月2日 更新日:

こんにちは、今日は人気の無料WordPressテーマSTINGER8にGoogle アナリティクスのトラッキングコードを設置する方法について解説します。

STINGER8は以下のページからダウンロードできるものです。
https://wp-fun.com/post-1343/

確認環境

WordPress 5.3.3
STINGER8 バージョン: 20170614

トラッキングコードの確認

Google アナリティクスの管理メニューからプロパティのトラッキング情報 > トラッキングコードを開きます。
グローバル サイトタグ(gtag.js)に表示されているJavaScriptコードをコピーします。

header.phpの編集

次に、STINGER8親テーマのheader.phpを子テーマのSTINGER8 Childの方にコピーします。
STINGER8 Childのコピーしたheader.phpにトラッキングコードを貼り付けます。

Google アナリティクスのトラッキングコード上部には
内の最初の要素として貼り付けてください。
とありますが、ページの表示速度に影響するため内の最後でも問題ありません。

動作確認

トラッキングコードの貼り付けが完了したら正常に動作するか確認します。
トラッキングコードの上部あるテスト トラフィックを送信ボタンからテストが行えるほか、実際にサイトにアクセスし、同じくトラッキングコードの上部あるステータスの表示やアナリティクスのホームにあるアクティブ ユーザー数等から動作が確認できます。

以上です、ここまでお読みいただきありがとうございました。

-WordPress


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

WordPressテンプレート関連のフィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPressでテンプレート関連のフィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フィルターフック一覧 フック名説明locale_style …

no image

WordPressで取得した投稿の配列をフィルタリングするフックthe_postsの使い方

こんにちは、今日はWordPressで取得した投稿の配列をフィルタリングすることができるフック、the_postsの使い方についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 使い方 …

no image

WordPressで管理ページリクエスト時に発生するアクションフック一覧

こんにちは、今日はWordPressで管理ページリクエスト時に発生するアクションフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フック一覧 フック名説明muplugins_ …

no image

WordPressでカスタム投稿タイプを追加する方法

こんにちは、今日はWordPressでカスタム投稿タイプを追加する方法についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 カスタム投稿タイプの追加 カスタム投稿タイプを追加するには、 …

no image

WordPressサイトで各フォームをInvisible reCAPTCHAで保護するプラグインInvisible reCaptcha for WordPressの使い方

こんにちは、今日はWordPressサイトで各フォームをInvisible reCAPTCHAで保護することができるプラグイン、Invisible reCaptcha for WordPressの使い …