3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

WordPress

WordPressで投稿一覧を取得する関数get_postsの使い方

投稿日:2020年9月29日 更新日:

こんにちは、今日はWordPressで投稿一覧を取得する関数、get_postsの使い方についてまとめていきます。

確認環境

WordPress 5.5.1

引数

キー説明
attachment_id添付ファイルの投稿ID
author著者IDをコンマ区切り、または配列で指定します。
author_nameuser_nicenameを指定します。
author__in著者IDを配列で指定します。
いずれかのIDに一致する投稿が取得できます。
author__not_in著者IDを配列で指定します。
いずれのIDにも一致しない投稿が取得できます。
cache_results投稿情報をキャッシュするか。
デフォルトはtrue
cat
category__andカテゴリIDの配列を指定します。
全てのカテゴリーが設定されている投稿が取得できます。
category__inカテゴリIDの配列を指定します。
リスト内のいずれかのカテゴリーが設定されている投稿が取得できます。
category__not_inカテゴリIDの配列を指定します。
リスト内のいずれのカテゴリーも設定されていない投稿が取得できます。
category_nameカテゴリースラッグ名を指定します。
comment_countコメント数
comment_statusコメントステータス
comments_per_page1ページのコメント数
date_query
day
exact
fields
hour
ignore_sticky_postsSticky Postsを無視するかどうか
m
meta_comparemeta_valueの比較演算子を指定します。
meta_compare_keymeta_keyの比較演算子を指定します。
meta_keyカスタムフィールドのキー
meta_queryWP_Meta_Queryの引数の連想配列
meta_valueカスタムフィールドの値
meta_value_numカスタムフィールドの値
meta_type_key
menu_order投稿のメニュー順
monthnum2桁の月
name投稿スラッグ名
nopagingページングをしないかどうか。
デフォルトはfalseでページングします。
no_found_rows見つけた合計行数のカウントを行うか。
デフォルトはfalseで、trueにするとパフォーマンスが向上します。
offsetオフセット値。
ページネーション する際に等に使用します。
order投稿の昇順、降順を指定します。
‘ASC’、 ‘DESC’が指定でき、デフォルトは’DESC’です。
orderby
p投稿ID
pageページ番号
paged現在のページ番号
page_idページID
pagenameページスラッグ名
perm
ping_statusPingステータス
post__in取得する投稿IDの配列
post__not_in取得しない投稿IDの配列
post_mime_type投稿のmimeタイプ
post_name__in投稿スラッグ名の配列を指定します。
post_parent親ページID
post_parent__in親ページIDの配列
post_parent__not_in親ページIDの配列
post_type投稿タイプのスラッグ名
post_status投稿ステータスを文字列、または配列で指定します。
posts_per_page1ページに表示する投稿数。
-1を指定すると制限なく取得します。
posts_per_archive_page
s検索キーワード
second
sentenceフレーズで検索するか
suppress_filters
tagタグスラッグ名
tag__andタグIDの配列を指定します。
全てのIDを持つ投稿が取得できます。
tag__inタグIDの配列を指定します。
いずれかのIDを持つ投稿が取得できます。
tag__not_inタグIDの配列を指定します。
いずれのIDも持たない投稿が取得できます。
tag_idタグID、またはIDのコンマ区切りリスト
tag_slug__andタグスラッグ名の配列を指定します。
全ての条件に合致する投稿が取得できます。
tag_slug__inタグスラッグ名の配列を指定します。
いずれかの条件に合致する投稿が取得できます。
tax_queryWP_Tax_Queryの引数の連想配列
title投稿タイトル
update_post_meta_cache
update_post_term_cache
lazy_load_term_meta
w週の番号を指定します。
0〜53の値が指定可能です。
year4桁の年

リンク

get_posts() | Function | WordPress Developer Resources
https://developer.wordpress.org/reference/functions/get_posts/

WP_Query::parse_query() | Method | WordPress Developer Resources
https://developer.wordpress.org/reference/classes/WP_Query/parse_query/

-WordPress


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

WordPress著者、ユーザー関連のフィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPressの著者、ユーザー関連のフィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フィルターフック一覧 フック名説明login_body_ …

no image

WordPressサイトにポイント機能を実装するプラグインmyCredの使い方

こんにちは、今日はWordPressサイトにポイント機能を実装することができるプラグイン、myCredの使い方についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1myCred バージョ …

no image

WordPressテンプレート関連のフィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPressでテンプレート関連のフィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フィルターフック一覧 フック名説明locale_style …

no image

WordPressサイトのログイン試行回数を制限するプラグインLimit Login Attempts Reloadedの使い方

こんにちは、今日はWordPressサイトでログインの試行回数を制限することができるプラグイン、Limit Login Attempts Reloadedの使い方についてまとめていきます。 確認環境 …

no image

WordPressのWP_Query関連フィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPressのWP_Query関連フィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.3 フィルターフック一覧 フック名説明found_posts …