3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

WordPress

WordPressでユーザー一覧を取得する関数get_usersの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はWordPressでユーザー一覧を取得することができる関数get_usersの使い方についてまとめていきます。

確認環境

WordPress 5.5.1

引数

キー説明
blog_idサイトID
role配列、またはカンマ区切りでユーザーが持っている必要のある権限を指定します。
指定した権限を全て持つユーザーを取得できます。
role__in配列でユーザー権限を指定します。
指定した権限のいずれかを持つユーザーを取得できます。
role__not_in配列でユーザー権限を指定します。
指定した権限のいずれかを持つユーザーを除外します。
meta_keyユーザーのmeta_keyを指定します。
meta_valueユーザーのmeta_valueを指定します。
meta_comparemeta_valueの比較演算子を指定します。
デフォルトは’=’で、その他以下の値が指定できます。
‘!=’、 ‘>’、 ‘> =’、 ‘<‘、 ‘<=’、
‘LIKE’、 ‘NOT LIKE’、 ‘IN’、 ‘NOT IN’、 ‘BETWEEN’、 ‘NOTBETWEEN’、’EXISTS’、’NOT EXISTS’、’REGEXP’、’NOT REGEXP’、’RLIKE’
includeリストに含めるユーザーIDを配列で指定します。
excludeリストから除外するユーザーIDを配列で指定します。
search検索キーワードを指定します。
search_columns検索するカラム名の配列を指定します。
以下の値が指定可能です。
‘ID’、 ‘user_login’、 ‘user_email’、 ‘user_url’、 ‘user_nicename’、 ‘display_name’
orderby並べ替えに使用するフィールドを指定します。
以下の値が指定可能です。
‘ID’、’display_name’(または’name’)、’include’、’user_login’(または’login’)、’login__in’、’user_nicename’(または’nicename’)、’nicename__in’、’user_email’(または ‘email’)、 ‘user_url’(または ‘url’)、 ‘user_registered’(または ‘registered’)、 ‘post_count’、 ‘meta_value’、 ‘meta_value_num’
‘meta_value’または ‘meta_value_num’を使用するには、meta_keyも定義する必要があります。
デフォルトは’user_login’です。
order並べ替えを昇順にするか降順にするか指定します。
以下の値が指定可能です。
‘ASC’、 ‘DESC’
offsetオフセット値を指定します。
ページネーション する際等に使用します。
numberクエリの数。
pagedページ数。
count_total条件に合致したユーザー総数をカウントするかどうかをtrueかfalseで指定します。
ページネーション が不要な場合はfalseを指定することによりパフォーマンスが向上します。
デフォルトではtrueになっています。
fieldsどのフィールドを返すかを文字列か配列で指定します。
全てのフィールドを返す場合は’all’で、これがデフォルトになっています。
その他以下の値が指定可能です。
‘ID’、 ‘display_name’、 ‘user_login’、 ‘user_nicename’、 ‘user_email’、 ‘user_url’、 ‘user_registered’
メタフィールドも含める場合は’all_with_meta’を指定します。
who
has_published_posts投稿タイプを指定すると、その投稿タイプの投稿を公開したユーザーのみ取得します。
nicenamenicenameを指定します。
nicename__in配列でuser_nicenameを指定します。
指定したuser_nicenameのいずれかに合致するユーザーを取得できます。
nicename__not_in配列でuser_nicenameを指定します。
指定したuser_nicenameのいずれにも合致しないユーザーを取得できます。
loginuser_loginを文字列で指定します。
login__inuser_loginを配列で指定します。
指定したuser_loginのいずれかに合致するユーザーを取得できます。
login__not_inuser_loginを配列で指定します。
指定したuser_loginのいずれにも合致しないユーザーを取得できます。

リンク

get_users() | Function | WordPress Developer Resources
https://developer.wordpress.org/reference/functions/get_users/

WP_User_Query | Class | WordPress Developer Resources
https://developer.wordpress.org/reference/classes/wp_user_query/

WP_User_Query::prepare_query() | Method | WordPress Developer Resources
https://developer.wordpress.org/reference/classes/WP_User_Query/prepare_query/

-WordPress


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

WordPressのログイン画面URLを変更するプラグインWPS Hide Loginの使い方

こんにちは、今日はWordPressのログイン画面URLを変更するプラグインWPS Hide Loginの使い方についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.4.2 インストール方法 …

no image

WordPressサイトで各フォームをInvisible reCAPTCHAで保護するプラグインInvisible reCaptcha for WordPressの使い方

こんにちは、今日はWordPressサイトで各フォームをInvisible reCAPTCHAで保護することができるプラグイン、Invisible reCaptcha for WordPressの使い …

no image

WordPressの登録、ログイン関連フィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPressの登録、ログイン関連のフィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フック一覧 フック名説明authenticateユーザー …

no image

WordPress一般的なテキスト関連のフィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPressで一般的なテキスト関連のフィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フィルターフック一覧 フック名説明attribute_ …

no image

WordPressデータベースのoptionsテーブルレコード一覧

こんにちは、今日はWordPressサイトのデータベースのoptionsテーブルに追加されるレコードについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 レコード一覧 option_n …