3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unity

Unity – プラットフォームやエディタ等の実行環境ごとに処理を切り分ける方法

投稿日:

こんにちは、今日はUnityでWindows、Mac、Android、iOS等の各プラットフォームごとや、エディタ上で実行されている場合にスクリプトの処理を切り分ける方法についてまとめていきます。

確認環境

Unity 2018.4.15f1

処理の切り分け方法

処理を切り分けるにはC#の「#if ディレクティブ」でUnityが定義しているシンボルを参照します。
具体的には以下のようなコードになります。

Unityエディタ上で実行している場合のみデバッグログを表示する

#if UNITY_EDITOR
    Debug.Log("Running on Unity Editor");
#endif

AndroidまたはiOS上で実行されている場合にそれぞれデバッグログを表示する

#if UNITY_ANDROID

    Debug.Log("Running on Android”);
#elif UNITY_IOS

    Debug.Log("Running on iOS”);
#endif

コード解説

UNITY_EDITOR、UNITY_ANDROID、UNITY_IOSがUnity側で定義しているシンボルで、UNITY_EDITORはUnityエディタ上で実行されている場合のみ有効になっており、UNITY_ANDROID、UNITY_IOSも同様にそれぞれAndroid, iOS上で実行されている場合に有効になるため、#ifから#endifまたは#elifの間にあるコードのみ実行されます。

そのほかにもビルトインで定義されているシンボルがあり、以下のUnity公式マニュアルに一覧が記載されています。

https://docs.unity3d.com/ja/2018.4/Manual/PlatformDependentCompilation.html

独自のシンボルを定義する

シンボルはプラットフォームごとに独自の定義も追加することができます。

マニュアルの「プラットフォームのカスタム #defines」の項に記載されている通り、Player Settings の Other Settings から Scripting Define Symbols のテキストボックスに任意の文字列を入力すると、その値がシンボルとして定義されます。

複数シンボルを設定する場合はセミコロンで区切ります。

-Unity


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Unityで数値を指定範囲に収める

確認環境 Unity 2018.4.15f1 数値を指定範囲に収める Clamp public static int Clamp(int value, int min, int max); publi …

no image

Unityエディタのレイアウトをデフォルトに戻す方法

こんにちは、今日はUnityエディタのレイアウトをデフォルトに戻す方法についてまとめていきます。 確認環境 Unity 2018.4.15f1 エディタのレイアウトをデフォルトに戻す Unityエディ …

no image

UnityのHierarchyの順序をスクリプトから変更する

こんにちは、今日はUnityのHierarchyの順序をスクリプトから変更する方法についてまとめていきます。 確認環境 Unity 2018.4.15f1 Hierarchyの順序をスクリプトから変更 …

no image

UnityのGUI.Labelのサイズを取得する

こんにちは、今日はUnityのGUI.Labelのサイズを取得する方法についてまとめていきます。 確認環境 Unity 2018.4.15f1 GUI.Labelのサイズを取得する string st …

no image

Unity – モニターがサポートするフルスクリーン解像度一覧を取得する

こんにちは、今日はUnityでモニターがサポートするフルスクリーン解像度一覧を取得する方法についてまとめていきます。 確認環境 Unity 2018.4.15f1 モニターがサポートするフルスクリーン …