3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unix

ファイルをコピーするUnix系コマンドcpの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はUnix系OSでファイルのコピーを行うことができるコマンドcpの使い方についてまとめていきます。

使い方

cpコマンドは第一引数にコピー元のファイルを、第二引数にコピー先のファイルを指定します。

以下の例では既存のfile1というファイルがコピーされ、file2というファイルが生成されます。

$ cp file1 file2

または以下の様にコピー先にディレクトリを指定することもできます。

この場合はコピー先のファイル名まで指定しなかった場合は元ファイル名がそのままのファイル名で、ファイル名を指定した場合はそのファイル名で指定したディレクトリにコピーされます。

$ cp file dir/

オプション

BSD版

オプション説明
-a-pPRオプションと同様です。
-fコピー先に同名のファイルがあった場合、確認せずに上書きします。
-H-Rオプションが指定されている場合に、シンボリックリンクを追跡します。
-iコピー先に同名のファイルが存在していた場合に、上書きして良いかの確認を求めます。
-L-Rオプションが指定されている場合に、全てのシンボリックリンクを辿ります。
-n既存のファイルを上書きしません。
-P-Rオプションが指定されている場合に、シンボリックリンクを解決しません。
-p元ファイルの変更時刻、アクセス時刻、ファイルフラグ、ファイルモード、ユーザーID、グループID等を保持する等に指示します。
-Rコピー元がディレクトリの場合に、ディレクトリ以下のファイルも再帰的にコピーします。
-vコピー時にファイルを表示します。
-X
-cclonefileを使用してファイルをコピーします。

-Unix


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ディスクの使用統計を表示するUnix系コマンドduの使い方

こんにちは、今日はディスクの使用統計を表示するUnix系コマンドduの使い方についてまとめていきます。 確認環境 macOS Mojave 10.14.6 使い方 引数なしコマンドを実行すると、現在の …

no image

コマンドの情報を表示するUNIX系コマンドtypeの使い方

こんにちは、今日はUNIX系OSでコマンドのエイリアス、ビルトインコマンド、シェル関数等のタイプを確認できるtypeコマンドの使い方についてまとめていきます。 typeコマンドの使い方 以下のようにコ …

no image

Unityで処理時間を計測する

System.Diagnosticsに定義されているStopwatchクラスを使用して処理時間を計測します。 System.Diagnostics.Stopwatch stopWatch = new …

no image

Unix系OSで現在使用しているシェルを確認する方法

こんにちは、今日はUnix系OSで現在使用しているシェルを確認する方法についてまとめていきます。 変数$0の値を確認する シェルの特殊変数$0には現在実行中のシェル、またはシェルスクリプト名が格納され …

no image

シェルの設定を行うbashビルトインコマンドsetの使い方

こんにちは、今日はUNIX系OSのシェル、bashの設定を行うコマンドであるsetの使い方についてまとめていきます。 引数なしで実行 以下のように引数なしで実行すると定義されている環境変数、シェル変数 …