3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unix

vimコマンドでファイル差分を確認する方法

投稿日:

こんにちは、今日はvimコマンドでファイル差分を確認する方法についてまとめていきます。

確認環境

VIM – Vi IMproved 8.0

差分表示

vimエディタで差分を確認するにはdiffsplitコマンドを使用します。

エディタを開いた状態で:diffsplit 比較するファイル名と入力すると以下のように画面が上下に分割され、2ファイルの差分がハイライト表示されます。

左右に分割する場合は:vertical diffsplit 比較するファイル名のように先頭にverticalをつけます。

それぞれのファイルは通常通り編集可能です。

画面分割時の画面間の移動については以下の記事に記載しています。

差分がない場合は以下のような表示になります。

-Unix


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

コマンドの情報を表示するUNIX系コマンドtypeの使い方

こんにちは、今日はUNIX系OSでコマンドのエイリアス、ビルトインコマンド、シェル関数等のタイプを確認できるtypeコマンドの使い方についてまとめていきます。 typeコマンドの使い方 以下のようにコ …

no image

CentOS 7 + Apache 2.4 環境に Let’s Encrypt の証明書を導入する

こんにちは、今日は CentOS 7 + Apache 2.4 の環境に、無料のSSL証明書であるLet’s Encrypt の証明書を導入する手順について解説します。 本記事ではサーバーにSSHで接 …

no image

コマンドの実行履歴を確認できるhistoryコマンドの使い方

こんにちは、今日はUNIXのOSで実行したコマンドの履歴を確認することができるhistoryコマンドの使い方についてまとめていきます。 コマンドの実行履歴を表示 引数なしでhistoryコマンドを実行 …

no image

vimコマンドでシンタックスハイライトを有効にする方法

こんにちは、今日はvimコマンドでシンタックスハイライトを有効にする方法についてまとめていきます。 確認環境 VIM – Vi IMproved 8.0 シンタックスハイライト有効化 ファイルを開いた …

no image

ファイルタイプを確認するUnix系コマンドfileの使い方

こんにちは、今日はUnix系OSでファイルタイプを確認することができるコマンド、fileの使い方についてまとめていきます。 確認環境 macOS Mojave 10.14.6 使い方 以下のように引数 …