3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

WordPress

WordPressサイトで各フォームをInvisible reCAPTCHAで保護するプラグインInvisible reCaptcha for WordPressの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はWordPressサイトで各フォームをInvisible reCAPTCHAで保護することができるプラグイン、Invisible reCaptcha for WordPressの使い方についてまとめていきます。

確認環境

WordPress 5.5.1

インストール方法

WordPressのプラグイン管理画面から新規追加で「Invisible reCaptcha for WordPress」と検索してインストール。

または以下のWordPress公式サイトからダウンロードしてアップロードします。

使い方

reCAPTCHAキーの発行

以下のサイトから必要なキーの発行を行っていきます。

https://www.google.com/recaptcha/about/

Googleアカウントにログインして「Admin Console」に入ります。

ラベルに実装するサイトのドメイン等、識別するために必要なラベルを入力します。

reCAPTCHA タイプでは「reCAPTCHA v3」を選択します。

ドメインにはサイトのドメイン名を入力します。

利用条件等を確認し、「reCAPTCHA 利用条件に同意する」にチェックを入れます。

入力が完了したら「送信」ボタンを押下で完了です。

サイトキー、シークレット キーが出力されているため、これらをコピーしてWordPressの管理画面でプラグインの設定を行なっていきます。

初期設定

プラグインを有効化すると設定メニュー以下に「Invisible reCaptcha」というメニューが追加されます。

このメニューから設定を行なっていきます。

Your Site Keyにサイトキーを、Your Secret Keyにシークレット キーをそれぞれ入力します。

これらを入力したら「変更を保存」ボタンで設定を保存、

メニューの「WordPress」からどのフォームに適用するか選択して、こちらも「変更を保存」ボタンで変更を保存、反映します。

-WordPress


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

WordPress画面上部に表示される管理者バーを非表示にする

こんにちは、今日はWordPressでログイン時に画面丈夫に表示される管理者バーを非表示にする方法についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5 管理者バーを非表示にする funct …

no image

WordPress管理画面関連のフィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPress管理画面関連のフィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フィルターフック一覧 フック名説明admin_user_info …

no image

WordPressでURLにクエリパラメータを付与する方法

こんにちは、今日はWordPressでURLにクエリパラメータを付与する方法についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5 クエリパラメータを付与する WordPressでURLにク …

no image

WordPressでユーザー一覧を取得する関数get_usersの使い方

こんにちは、今日はWordPressでユーザー一覧を取得することができる関数get_usersの使い方についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 引数 キー説明blog_id …

no image

WordPress機能の高度なフィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPress機能の高度なフィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.3 フック一覧 フック名説明create_user_query新しいユ …