3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

WordPress

WordPressサイトで各フォームをInvisible reCAPTCHAで保護するプラグインInvisible reCaptcha for WordPressの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はWordPressサイトで各フォームをInvisible reCAPTCHAで保護することができるプラグイン、Invisible reCaptcha for WordPressの使い方についてまとめていきます。

確認環境

WordPress 5.5.1

インストール方法

WordPressのプラグイン管理画面から新規追加で「Invisible reCaptcha for WordPress」と検索してインストール。

または以下のWordPress公式サイトからダウンロードしてアップロードします。

使い方

reCAPTCHAキーの発行

以下のサイトから必要なキーの発行を行っていきます。

https://www.google.com/recaptcha/about/

Googleアカウントにログインして「Admin Console」に入ります。

ラベルに実装するサイトのドメイン等、識別するために必要なラベルを入力します。

reCAPTCHA タイプでは「reCAPTCHA v3」を選択します。

ドメインにはサイトのドメイン名を入力します。

利用条件等を確認し、「reCAPTCHA 利用条件に同意する」にチェックを入れます。

入力が完了したら「送信」ボタンを押下で完了です。

サイトキー、シークレット キーが出力されているため、これらをコピーしてWordPressの管理画面でプラグインの設定を行なっていきます。

初期設定

プラグインを有効化すると設定メニュー以下に「Invisible reCaptcha」というメニューが追加されます。

このメニューから設定を行なっていきます。

Your Site Keyにサイトキーを、Your Secret Keyにシークレット キーをそれぞれ入力します。

これらを入力したら「変更を保存」ボタンで設定を保存、

メニューの「WordPress」からどのフォームに適用するか選択して、こちらも「変更を保存」ボタンで変更を保存、反映します。

-WordPress


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

WordPress管理画面関連のフィルターフック一覧

こんにちは、今日はWordPress管理画面関連のフィルターフックについてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5.1 フィルターフック一覧 フック名説明admin_user_info …

no image

WordPress画面上部に表示される管理者バーを非表示にする

こんにちは、今日はWordPressでログイン時に画面丈夫に表示される管理者バーを非表示にする方法についてまとめていきます。 確認環境 WordPress 5.5 管理者バーを非表示にする funct …

no image

WordPressで特定投稿タイプの投稿リストのカスタム列ごとに発生するアクションフックmanage_{$post_type}_posts_custom_columnの使い方

こんにちは、WordPressで特定投稿タイプの投稿リストのカスタム列ごとに発生するアクションフックmanage_{$post_type}_posts_custom_columnの使い方についてまとめ …

no image

WordPressで投稿の更新時に表示されるメッセージのフィルターフックpost_updated_messagesの使い方

こんにちは、今日はWordPressで投稿の更新時に表示されるメッセージのフィルターフック、post_updated_messagesの使い方についてまとめていきます。 確認環境 使い方 以下の公式マ …

no image

WordPress – ソースコードのシンタックスハイライトを行うSyntaxHighlighter Evolvedの使い方

こんにちは、今日はWordPressでソースコードのシンタックスハイライトが行えるSyntaxHighlighter Evolvedの使い方についてまとめていきます。 インストール方法 プラグイン > …