3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

PowerShell

PowerShellでアイテムを移動するコマンドレットMove-Itemの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はPowerShellでアイテムを移動するコマンドレットMove-Itemの使い方についてまとめていきます。

確認環境

PSVersion 5.1.18362.1110

パラメータ

パラメータ名説明
-Confirmコマンドレット実行前に確認プロンプトを表示します。
-Credential
-Destinationアイテム移動先のパスを指定します。
ファイル名を変更して移動する場合は、ファイル名も指定します。
-Excludeこのコマンドレットが操作で除外する1つまたは複数のアイテムを文字列配列として指定します。
-FilterPathパラメーターを修飾するフィルターを指定します。
-Forceユーザーの確認を求めずにコマンドを強制的に実行します。
-Includeこのコマンドレットの操作に含める1つまたは複数のアイテムを文字列配列として指定します。
-LiteralPath
-PassThru作業しているアイテムを表すオブジェクトを返します。デフォルトでは、このコマンドレットは出力を生成しません。
-Pathアイテムの現在の場所へのパスを指定します。デフォルトは現在のディレクトリです。ワイルドカード文字を使用できます。
-WhatIfコマンドレットを実行するとどうなるかを示します。
コマンドレットは実行されません。

Move-Itemの使い方

引数に移動するファイルを指定、
-Destinationオプションで移動先のパスとファイル名を指定します。

以下の例ではカレントディレクトリにある「test.txt」ファイルを、同じくカレントディレクトリにある「test_dir」フォルダ内に移動しています。

Move-Item .\test.txt -Destination .\test_dir\

リンク

Move-Item (Microsoft.PowerShell.Management) – PowerShell | Microsoft Docs
https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/microsoft.powershell.management/move-item?view=powershell-7.1

-PowerShell


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

PowerShellでユーザーの入力と出力結果を記録してテキストに出力するStart-Transcriptの使い方

記録を開始する Start-Transcript Start-Transcriptコマンドレットで記録を開始します。出力ファイルを指定しない場合、自動でユーザーの Documents 以下にテキストが …

no image

PowerShellで現在の日時を取得するコマンドレットGet-Dateの使い方

こんにちは、今日はPowerShellで現在の日時を取得するコマンドレットGet-Dateの使い方についてまとめていきます。 確認環境 PSVersion 5.1.18362.1110 Get-Dat …

no image

PowerShellでプロセスを実行するコマンドレットStart-Processの使い方

こんにちは、今日はPowerShellでプロセスを実行するコマンドレットStart-Processの使い方についてまとめていきます。 確認環境 PSVersion 5.1.18362.1110 Sta …

no image

PowerShellでトースト通知を送る

確認環境 PSVersion 5.1.18362.1110 トースト通知を送る [Windows.UI.Notifications.ToastNotificationManager, Win …

no image

PowerShellでアイテムをコピーするコマンドレットCopy-Itemの使い方

こんにちは、今日はPowerShellでアイテムをコピーするコマンドレットCopy-Itemの使い方についてまとめていきます。 確認環境 PSVersion 5.1.18362.1110 パラメータ …