3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV

RPGツクールMVのランダムエンカウント逃走可否をスイッチで切り替えるプラグインを作る

投稿日:

こんにちは、今日はRPGツクールMVのランダムエンカウントで、逃走できるかどうかをスイッチの値によって切り替えるプラグインの作り方についてまとめていきます。

確認環境

RPGツクールMV Version 1.6.2

プラグインコード

SetCanEscape.jsというファイルに以下のコードを貼り付けプロジェクトのプラグインフォルダに追加、プラグイン管理からプラグインを有効にすると使用可能です。

//=============================================================================
// SetCanEscape.js
//=============================================================================
/*:
 * @plugindesc 逃げるコマンドの追加をスイッチで切り替える
 * 
 * @param canEscapeSwitchNo
 * @desc 逃げるコマンド有効/無効切り替えスイッチの番号
 * @default 10
 * 
 * @help 指定のスイッチがONになっている場合、戦闘コマンド「逃げる」が追加されます。
 * 
 * このプラグインには、プラグインコマンドはありません。
 */

(function() {
    var parameters = PluginManager.parameters('SetCanEscape');

    Window_PartyCommand.prototype.makeCommandList = function() {
        this.addCommand(TextManager.fight,  'fight');
		if ($gameSwitches.value(parameters['canEscapeSwitchNo'])) {
            this.addCommand(TextManager.escape, 'escape', BattleManager.canEscape());
        }
    };
})();

コード解説

元コード

js/rpg_windows.js 5341行目に定義されているWindow_PartyCommand.prototype.makeCommandList関数で戦闘のパーティコマンドが作られています。

Window_PartyCommand.prototype.makeCommandList = function() {
    this.addCommand(TextManager.fight,  'fight');
    this.addCommand(TextManager.escape, 'escape', BattleManager.canEscape());
};

こちらの関数をプラグインで上書きし、「逃げる」コマンドの追加部分にスイッチがONになっているかの条件を付与します。

プラグインパラメータ

「逃げる」コマンドの有効/無効を切り替えるスイッチとして使用するスイッチIDを設定するプラグインパラメータcanEscapeSwitchNoを定義しています。

初期値は10になっているため、初期状態ではスイッチID10がONになっている場合に「逃げる」コマンドが追加されるようになっています。

他のスイッチIDを使用したい場合はこちらのプラグインパラメータの値を変更します。

「逃げる」コマンドを表示するか

現在のコードではスイッチの値がOFFの場合、「逃げる」コマンド自体を追加しないようにしています。

こちらをコマンド自体は追加し、グレーアウトして選択できない状態にするには、以下の部分を

if ($gameSwitches.value(parameters['canEscapeSwitchNo'])) {
    this.addCommand(TextManager.escape, 'escape', BattleManager.canEscape());
}

以下のように変更します。

this.addCommand(TextManager.escape, 'escape', $gameSwitches.value(parameters['canEscapeSwitchNo']));

これでコマンド自体は必ず追加され、スイッチの値により選択できるかが変わります。

-RPGツクールMV


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RPGツクールMV – 自作プラグインでゲージを表示する方法

こんにちは、今日はRPGツクールMVの自作プラグインでゲージを表示する方法についてまとめていきます。 確認環境 RPGツクールMV Version 1.6.2 ゲージを表示する関数 ゲーム内でゲージを …

no image

RPGツクールMVでメニュー画面の顔画像をSV戦闘キャラ画像に変更するプラグインTMMenuBattlerの使い方

このプラグインを導入すると、データベース > システム > オプション > サイドビュー戦闘を使用にチェックが入っている場合に、上のgifのようにメニュー画面の顔画像がサイドビュー戦闘キャラ画像に変更 …

no image

RPGツクールMVで隊列メンバーの集合をスクリプトから行う

イベントコマンドの2ページ目、キャラクター > 隊列メンバーの集合…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード 以下のコードで隊列メンバーの …

no image

指定スイッチと変数を他セーブデータと共有するRPGツクールMVプラグインUTA_CommonSaveの使い方

このプラグインを導入すると、プラグインパラメータで指定したスイッチ、変数の値が各セーブデータ間で共有されるようになります。 このプラグインは赤月 智平様が制作されたプラグインです。 確認環境 RPGツ …

no image

RPGツクールMV – スクリプトで”アイテムの増減”を行う方法

こんにちは、今日はRPGツクールMVでイベントコマンドの”スクリプト”から、同じくイベントコマンドの”アイテムの増減”を行う方法についてまとめていきます。 確認環境 RPGツクールMV Version …