3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV スクリプト

RPGツクールMVでスクリプトからプレイヤーやイベントの位置を取得する

投稿日:2021年2月12日 更新日:

こんにちは、今日はRPGツクールMVでスクリプトからプレイヤーやイベントの位置を取得する方法についてまとめていきます。

確認環境

RPGツクールMV Version 1.6.2

プレイヤーやイベントの位置を取得する

js/rpg_objects.js 9028行目に定義されているGame_Interpreterクラスのcharacter関数を使用します。

引数に数値を渡すと、以下の通りのキャラクターデータが返されます。

  • 0より小さい数値の場合 – プレイヤー
  • 0より大きい数値の場合 – 現在のマップのイベントIDに対応するイベント
  • 0の場合 – このイベント
Game_Interpreter.prototype.character = function(param) {
    if ($gameParty.inBattle()) {
        return null;
    } else if (param < 0) {
        return $gamePlayer;
    } else if (this.isOnCurrentMap()) {
        return $gameMap.event(param > 0 ? param : this._eventId);
    } else {
        return null;
    }
};

上記関数から返ってきたデータのx, yのプロパティにアクセスするとそのキャラクターの位置座標が確認できます。

this.character(-1).x
$gameMap._interpreter.character(17).x;

developer toolsから確認する

developer toolsの方では以下のようなコードでプレイヤーの情報は取得できますが、イベントの情報は同様には取得できません。

$gameMap._interpreter.character(-1);

$gameMap変数からevents関数を呼び出すと、現在のマップにあるイベントのリストが取得できるため、そこから位置を取得したいイベントのデータにアクセスします。

$gameMap.events()

イベントID001のX座標を取得る場合は以下のようなコードで取得できます。

$gameMap.events()[0].x

-RPGツクールMV, スクリプト


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

RPGツクールMV – Skills.jsonとデータベースの対応表

RPGツクールMVエディタ上でデータベースのスキルで設定したデータは、プロジェクトフォルダのdata/Skills.jsonに保存されています。 Skills.jsonは最初の要素がnullで以降は各 …

no image

RPGツクールMVでSEの停止をスクリプトから行う

RPGツクールMVでSEの停止をスクリプトから行う方法についてまとめていきます。 イベントコマンドの2ページ目、オーディオ・ビデオ > SEの停止…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 …

no image

RPGツクールMVで戦闘BGMの変更をスクリプトから行う

イベントコマンドの1ページ目、アクター > 戦闘BGMの変更…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード 変数$gameSystemにはGa …

no image

RPGツクールMVでフキダシアイコンをループで表示できるプラグインTMBalloonLoopの使い方

プラグインを導入すると、イベントのメモやプラグインコマンドを用いてキャラクターの頭上にフキダシアイコンをループで表示し続けることができます。 このプラグインはtomoaky様が制作されたものです。 確 …

no image

RPGツクールMVで文章の表示中にSEを鳴らすプラグインMPP_MessageSEの使い方

このプラグインを導入すると、イベントコマンドの文章の表示で文字表示ごとにSEを鳴らすことができます。 このプラグインは木星ペンギン様が制作されたものです。 確認環境 RPGツクールMV Version …