3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV スクリプト

RPGツクールMV – スクリプトで”アイテムの増減”を行う方法

投稿日:2020年6月1日 更新日:

こんにちは、今日はRPGツクールMVでイベントコマンドの”スクリプト”から、同じくイベントコマンドの”アイテムの増減”を行う方法についてまとめていきます。

確認環境

RPGツクールMV Version 1.6.2

アイテムの増減を行うコード

以下のようなコードにてスクリプトでアイテムの増減が行えます。

増やす

ex) アイテムID1を2つ増やす

$gameParty.gainItem($dataItems[1], 2);

減らす

ex) アイテムID1を1つ減らす

$gameParty.loseItem($dataItems[1], 1);

コード解説

$gameParty.gainItem関数でアイテムの増加、$gameParty.loseItem関数でアイテムの減少が行えます。
第一引数の$dataItems[1]の数字がアイテムIDを、第二引数の数値が増減する数量を表しています。

また、$gameParty.gainItem関数の第二引数にマイナスの値を渡すことでアイテムを減らすことも、
$gameParty.loseItem関数の第二引数にマイナスの値を渡すことでアイテムを増やすこともできます。

内部的には$gameParty.loseItem関数は第二引数にマイナスをかけて正負を入れ替えてから$gameParty.gainItem関数を呼び出しているのみです。

定義箇所

$gameParty.gainItem関数はjs/rpg_objects.jsの4991行目、$gameParty.loseItem関数はjs/rpg_objects.jsの5017行目にそれぞれ定義されています。

$dataItemsはjs/rpg_managers.jsの17行目に定義されており、データベースのアイテムで設定したデータが全て格納されています。

-RPGツクールMV, スクリプト


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

RPGツクールMVでメニュー画面の顔画像をSV戦闘キャラ画像に変更するプラグインTMMenuBattlerの使い方

このプラグインを導入すると、データベース > システム > オプション > サイドビュー戦闘を使用にチェックが入っている場合に、上のgifのようにメニュー画面の顔画像がサイドビュー戦闘キャラ画像に変更 …

no image

RPGツクールMVでマップ名表示の変更をスクリプトから行う

こんにちは、今日はRPGツクールMVでマップ名表示の変更をスクリプトから行う方法についてまとめていきます。 イベントコマンドの3ページ目、マップ > マップ名表示の変更…と同様の操作を、イ …

no image

RPGツクールMV – スクリプトで”文章の表示”を行う方法

こんにちは、今日はRPGツクールMVでイベントコマンドの”スクリプト”から、同じくイベントコマンドの”文章の表示”の処理を行う方法についてまとめていきます。 確認環境 RPGツクールMV Versio …

no image

キャラクターを浮遊させるRPGツクールMVプラグインFloatingCharacterの使い方

このプラグインを導入すると、イベントコマンドの移動ルートの設定のスクリプトでキャラクターの浮遊状態を切り替えることができるようになります。浮遊状態のときはキャラクターが指定ピクセル分浮いた状態になり、 …

no image

RPGツクールMVで透明状態の変更をスクリプトから行う

イベントコマンドの2ページ目、キャラクター > 透明状態の変更…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード ON 以下のコードで透明状態をO …