3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV

RPGツクールMV – Skills.jsonとデータベースの対応表

投稿日:2020年4月28日 更新日:

RPGツクールMVエディタ上でデータベースのスキルで設定したデータは、プロジェクトフォルダのdata/Skills.jsonに保存されています。

Skills.jsonは最初の要素がnullで以降は各要素に単一のスキルのデータが格納されています。

一つのデータを整形すると以下のようになります。

{
	"id":1,
	"animationId":-1,
	"damage":{
		"critical":true,
		"elementId":-1,
		"formula":"a.atk * 4 - b.def * 2",
		"type":1,
		"variance":20
	},
	"description":"",
	"effects":[
		{
			"code":21,
			"dataId":0,
			"value1":1,
			"value2":0
		}
	],
	"hitType":1,
	"iconIndex":76,
	"message1":"の攻撃!",
	"message2":"",
	"mpCost":0,
	"name":"攻撃",
	"note":"スキル1番は[攻撃]コマンドを\n選択したときに使用されます。",
	"occasion":1,
	"repeats":1,
	"requiredWtypeId1":0,
	"requiredWtypeId2":0,
	"scope":1,
	"speed":0,
	"stypeId":0,
	"successRate":100,
	"tpCost":0,
	"tpGain":10
}

jsonデータのキーとエディタの設定欄対応表

idスキル一覧に表示されている番号
animationId発動 > アニメーション
damageダメージ
description基本設定 > 説明
effects使用効果
hitType発動 > 命中タイプ
0 : 必中
1 : 物理攻撃
2 : 魔法攻撃
iconIndex基本設定 > アイコン
message1メッセージ1行目
message2メッセージ2行目
mpCost基本設定 > 消費MP
name基本設定 > 名前
noteメモ
occasion基本設定 > 使用可能時
0 : 常時
1 : バトル画面
2 : メニュー画面
3 : 使用不可
repeats発動 > 連続回数
requiredWtypeId1必要武器  > 武器タイプ1
requiredWtypeId2必要武器 > 武器タイプ2
scope基本設定 > 範囲
speed発動 > 速度補正
stypeId基本設定 > スキルタイプ
successRate発動 > 成功率
tpCost基本設定 > 消費TP
tpGain発動 > 得TP

-RPGツクールMV


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RPGツクールMVでゲーム内時間を追加するプラグインChronusの使い方

本プラグインを導入すると、上のgifのように画面左上に時計が表示され、時間によって画面の色調を変更することで時間の変化を表現でき、天候も時間により自動で変化します。 このプラグインはトリアコンタン様が …

no image

RPGツクールMVで名前の変更をスクリプトから行う

イベントコマンドの1ページ目、アクター > 名前の変更…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード actor関数の引数には名前を変更したい …

no image

RPGツクールMVで隊列歩行の変更をスクリプトから行う

イベントコマンドの2ページ目、キャラクター > 隊列歩行の変更…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード ON 以下のコードで隊列歩行をを …

no image

セーブロード画面の表示をカスタマイズできるRPGツクールMVプラグインBB_CustomSaveWindowの使い方

このプラグインを導入すると、セーブスロットにセーブ回数や現在地の情報、変数の値等を表示できるようになります。デフォルトでは上の画像のような表示内容で、プラグインパラメータの設定により表示内容の変更、非 …

no image

RPGツクールMVで天候の設定をスクリプトから行う

RPGツクールMVで天候の設定をスクリプトから行う方法についてまとめていきます。 イベントコマンドの2ページ目、画面 > 天候の設定…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプト …