3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unity

Unityで0から指定範囲の間を行き来する数値を取得できる関数Mathf.PingPong

投稿日:

確認環境

Unity 2018.4.15f1

使い方

public static float PingPong(float t, float length);

UnityEngine.Mathfに定義されているPingPongという関数を使用すると、0からlengthの間を行き来する数値が取得できます。

tにはTime.time等の増加し続ける値を指定し、この数値分値が変動します。

特定の期間を動き続けるオブジェクトや、アルファに使用すると明滅するオブジェクト等の実装に使用できます。

リンク

Mathf-PingPong – Unity スクリプトリファレンス
https://docs.unity3d.com/ja/2018.4/ScriptReference/Mathf.PingPong.html

Time-time – Unity スクリプトリファレンス
https://docs.unity3d.com/ja/2019.4/ScriptReference/Time-time.html

-Unity


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

Unityで古いプロジェクトを開いた際に表示されるAPI Update Requiredダイアログ

確認環境 Unity 2019.4.28f1 表示内容 This project contains scripts and/or assemblies that use obsolete APIs.I …

no image

Unityでカーソルの表示、ロック、画像の切り替えをする

こんにちは、今日はUnityでカーソルの表示、ロック、画像の切り替えをする方法についてまとめていきます。 確認環境 Unity 2018.4.15f1 カーソルの表示、非表示 表示 Cursor.vi …

no image

UnityのGUI.Labelのサイズを取得する

こんにちは、今日はUnityのGUI.Labelのサイズを取得する方法についてまとめていきます。 確認環境 Unity 2018.4.15f1 GUI.Labelのサイズを取得する string st …

no image

UnityでPowerShellの実行結果を取得する

以下の例ではGet-ChildItemコマンドレットを引数なしで実行、標準出力への出力をDebug.LogでUnityコンソールに出力しています。 System.Diagnostics.Process …

no image

Unity – システム情報とハードウェア情報を取得する

こんにちは、今日はUnityで実行環境のOSやCPU、メモリ等のシステム情報、ハードウェア情報を取得する方法についてまとめていきます。 確認環境 Unity 2018.4.15f1 システム情報とハー …