3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unix

Unityで処理時間を計測する

投稿日:

System.Diagnosticsに定義されているStopwatchクラスを使用して処理時間を計測します。

System.Diagnostics.Stopwatch stopWatch = new System.Diagnostics.Stopwatch();
stopWatch.Start();

// 処理

stopWatch.Stop();

Debug.Log(stopWatch.Elapsed);
Debug.Log(stopWatch.ElapsedMilliseconds);

System.Diagnostics.Stopwatchのインスタンスを生成、Start()で計測を開始し、Stop()で計測を終了できます。

計測が完了するとプロパティのElapsedにTimeSpan構造体で、ElapsedMillisecondsにlong型でミリ秒単位の時間が格納されています。

リンク

Stopwatch クラス (System.Diagnostics) | Microsoft Docs
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.diagnostics.stopwatch?view=net-5.0

-Unix


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

zipファイルの中身を確認するUnix系コマンドzipinfoの使い方

こんにちは、今日はzipファイルの中身を確認するUnix系コマンド、zipinfoの使い方についてまとめていきます。 使い方 以下のように引数にzipファイルを渡すのみで、そのファイルの中身が表示され …

no image

ディスクの使用量を表示するUNIXコマンドdfの使い方

こんにちは、今日はUNIX系OSのコマンドでディスクサイズを表示することができるdfコマンドの使い方についてまとめていきます。 表示内容 Filesystem 512-blocks Used Avai …

no image

ビルトインコマンドを実行するコマンドbuiltinの使い方

こんにちは、今日はエイリアスが設定されているものでもビルトインのコマンドを実行することができるコマンドbuiltinの使い方についてまとめていきます。 確認環境 bash 使い方 biltinコマンド …

no image

時刻の表示と設定を行うUNIX系コマンドdateの使い方

こんにちは、今日はUnix系OSで時刻の表示と設定を行うことができるコマンドのdateの使い方についてまとめていきます。 使い方 引数なしでコマンドを実行すると現在の日付と時刻を表示します。 $ da …

no image

プロセス一覧を表示し自動で更新とソートも行うUnix系コマンドtopの使い方

こんにちは、今日はプロセス一覧を表示し、自動で更新とソートも行うことができるUnix系コマンドtopの使い方についてまとめていきます。 確認環境 macOS Mojave 10.14.6 使い方 引数 …