3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unix

Unityで処理時間を計測する

投稿日:

System.Diagnosticsに定義されているStopwatchクラスを使用して処理時間を計測します。

System.Diagnostics.Stopwatch stopWatch = new System.Diagnostics.Stopwatch();
stopWatch.Start();

// 処理

stopWatch.Stop();

Debug.Log(stopWatch.Elapsed);
Debug.Log(stopWatch.ElapsedMilliseconds);

System.Diagnostics.Stopwatchのインスタンスを生成、Start()で計測を開始し、Stop()で計測を終了できます。

計測が完了するとプロパティのElapsedにTimeSpan構造体で、ElapsedMillisecondsにlong型でミリ秒単位の時間が格納されています。

リンク

Stopwatch クラス (System.Diagnostics) | Microsoft Docs
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.diagnostics.stopwatch?view=net-5.0

-Unix


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ファイル末尾を表示するUnix系コマンドtailの使い方

こんにちは、今日はUnix系OSでファイルの末尾を表示することができるコマンド、tailの使い方についてまとめていきます。 使い方 以下のように引数にファイルを渡すことでそのファイルの末尾10行が表示 …

no image

環境変数を設定するUNIX系コマンドexportの使い方

こんにちは、今日はUNIX系OSで環境変数の設定を行うことができるコマンドexportの使い方についてまとめていきます。 環境変数の定義方法 すでに定義されているシェル変数を環境変数にエクスポート以下 …

no image

vimコマンドでファイル差分を確認する方法

こんにちは、今日はvimコマンドでファイル差分を確認する方法についてまとめていきます。 確認環境 VIM – Vi IMproved 8.0 差分表示 vimエディタで差分を確認するにはdiffspl …

no image

環境変数の一覧を表示するUNIX系コマンドprintenvの使い方

こんにちは、今日はUNIX系OSで環境変数の一覧を表示することができるコマンドのprintenvの使い方についてまとめていきます。 printenvコマンドの使い方 全ての環境変数を表示する場合は引数 …

no image

MacOSXでCPU温度やファン回転数をコマンドラインから取得するコマンドiStatsの使い方

こんにちは、今日はMacOSXでCPU温度やファン回転数を取得することができるコマンドiStatsの使い方についてまとめていきます。 iStatsはRubyで書かれたツールでRubyGemsを用いてイ …