3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unix

コマンドの実行履歴を確認できるhistoryコマンドの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はUNIXのOSで実行したコマンドの履歴を確認することができるhistoryコマンドの使い方についてまとめていきます。

コマンドの実行履歴を表示

引数なしでhistoryコマンドを実行すると、コマンドの実行履歴が表示されます。

$ history

表示件数を指定する

以下のように引数に数値を渡すと、その件数分履歴を表示します。

$ history 10

この例では10件分コマンド履歴を表示します。

履歴を全て消去する

以下のオプションでは履歴を全て消去することができます。

$ history -c

指定番号の履歴を消去する

以下のオプションでは履歴に付与されている番号を指定すると、その番号の履歴のみ消去することができます。

$ history -d 100

現在の履歴を履歴ファイルに書き出す or 履歴ファイルから読み込む

現在の履歴をファイルに書き出し、読み込むことで、履歴を他の環境等で再利用したり、必要なコマンド履歴を保存しておくことができます。

以下の例ではそれぞれhistory_fileというファイルに書き出し、history_fileというファイルから読み込みを行なっています。

現在の履歴を書き出す

$ history -w history_file

履歴を読み込む

$ history -r history_file

-Unix


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ディスクの使用統計を表示するUnix系コマンドduの使い方

こんにちは、今日はディスクの使用統計を表示するUnix系コマンドduの使い方についてまとめていきます。 確認環境 macOS Mojave 10.14.6 使い方 引数なしコマンドを実行すると、現在の …

no image

ファイルをコピーするUnix系コマンドcpの使い方

こんにちは、今日はUnix系OSでファイルのコピーを行うことができるコマンドcpの使い方についてまとめていきます。 使い方 cpコマンドは第一引数にコピー元のファイルを、第二引数にコピー先のファイルを …

no image

vimコマンドで画面分割する方法

こんにちは、今日はvimコマンドで画面分割する方法についてまとめていきます。 確認環境 VIM – Vi IMproved 8.0 画面分割する 画面分割にするにはファイルを開いた状態で以 …

no image

プロセス一覧を表示し自動で更新とソートも行うUnix系コマンドtopの使い方

こんにちは、今日はプロセス一覧を表示し、自動で更新とソートも行うことができるUnix系コマンドtopの使い方についてまとめていきます。 確認環境 macOS Mojave 10.14.6 使い方 引数 …

no image

ファイル末尾を表示するUnix系コマンドtailの使い方

こんにちは、今日はUnix系OSでファイルの末尾を表示することができるコマンド、tailの使い方についてまとめていきます。 使い方 以下のように引数にファイルを渡すことでそのファイルの末尾10行が表示 …