3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unix

コマンドの実行履歴を確認できるhistoryコマンドの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はUNIXのOSで実行したコマンドの履歴を確認することができるhistoryコマンドの使い方についてまとめていきます。

コマンドの実行履歴を表示

引数なしでhistoryコマンドを実行すると、コマンドの実行履歴が表示されます。

$ history

表示件数を指定する

以下のように引数に数値を渡すと、その件数分履歴を表示します。

$ history 10

この例では10件分コマンド履歴を表示します。

履歴を全て消去する

以下のオプションでは履歴を全て消去することができます。

$ history -c

指定番号の履歴を消去する

以下のオプションでは履歴に付与されている番号を指定すると、その番号の履歴のみ消去することができます。

$ history -d 100

現在の履歴を履歴ファイルに書き出す or 履歴ファイルから読み込む

現在の履歴をファイルに書き出し、読み込むことで、履歴を他の環境等で再利用したり、必要なコマンド履歴を保存しておくことができます。

以下の例ではそれぞれhistory_fileというファイルに書き出し、history_fileというファイルから読み込みを行なっています。

現在の履歴を書き出す

$ history -w history_file

履歴を読み込む

$ history -r history_file

-Unix


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

実行中のプロセス一覧を表示するUnix系コマンドpsの使い方

こんにちは、今日はUnix系OSで実行中のプロセス一覧を表示するコマンド、psの使い方についてまとめていきます。 使い方 引数なしでコマンドを実行すると、現在のユーザが実行中のプロセスの一覧が表示され …

no image

vimコマンドでカーソル移動する方法

こんにちは、今日はvimコマンドでカーソル移動する方法についてまとめていきます。 確認環境 VIM – Vi IMproved 8.0 カーソル移動 キー動作h左に移動j下に移動k上に移動l右に移動g …

no image

Let’s Encrypt の証明書を手動で更新する方法

こんにちは、今日はLet’s Encrypt の証明書を手動で更新する方法についてまとめていきます。 確認環境 CentOS Linux release 7.4.1708Apache 2.4.6 更新 …

no image

Unix系OSで現在のディレクトリを表示するコマンドpwdの使い方

こんにちは、今日はUnix系OSで現在いるディレクトリを表示するコマンドpwdの使い方についてまとめていきます。 コマンドの使い方 引数なしで実行すると現在いるディレクトリが表示されます。 $ pwd …

no image

vimコマンドでファイル差分を確認する方法

こんにちは、今日はvimコマンドでファイル差分を確認する方法についてまとめていきます。 確認環境 VIM – Vi IMproved 8.0 差分表示 vimエディタで差分を確認するにはdiffspl …