3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV

RPGツクールMV – 自作プラグインで画像を表示する

投稿日:2020年5月18日 更新日:

こんにちは、今日はRPGツクールMVの自作プラグインで独自の画面に任意の画像を表示する方法についてまとめていきます。

確認環境

RPGツクールMV Version 1.6.2

画像を表示する方法

画像を表示するのにjs/rpg_core.jsに定義されているSpriteクラスを使用します。
以下のようにSpriteクラスのインスタンスを生成し、addChild()でシーンに追加します。

var sprite = new Sprite(ImageManager.loadEnemy("Angel"));
sprite.x = Graphics.width / 2;
sprite.y = Graphics.height / 2;
sprite.anchor.x = 0.5;
sprite.anchor.y = 0.5;
this.addChild(sprite);

ImageManager.loadEnemy関数は指定の画像名をimg/enemies/フォルダから探して画像を生成します。
内部的にはImageManager.loadBitmapで画像を生成する際にフォルダを固定しているのみなので、ImageManager.loadBitmap自体を使用しても問題ありません。
そのほかにも以下のような関数が用意されています。
いずれもjs/rpg_managers.jsの803行目あたりから定義されていますので、確認してみてください。

関数名フォルダ
loadAnimationimg/animations/
loadBattleback1img/battlebacks1/
loadBattleback2img/battlebacks2/
loadEnemyimg/enemies/
loadCharacterimg/characters/
loadFaceimg/faces/
loadParallaximg/parallaxes/
loadPictureimg/pictures/
loadSvActorimg/sv_actors/
loadSvEnemyimg/sv_enemies/
loadSystemimg/system/
loadTilesetimg/tilesets/
loadTitle1img/titles1/
loadTitle2img/titles2/

サンプル

プラグインコマンド「TestScene」で独自のシーンを呼び出し、そのシーン内で天使の画像を表示、上下左右キーで移動させるサンプルです。

(function() {
    var _Game_Interpreter_pluginCommand = Game_Interpreter.prototype.pluginCommand;
    Game_Interpreter.prototype.pluginCommand = function(command, args) {
        _Game_Interpreter_pluginCommand.call(this, command, args);
        switch(command){
            case 'TestScene':
                SceneManager.push(Scene_Test);
            break;
        }
    };

    //--------------------------------------------------
    // Name : Scene_Test
    // Desc : テストシーンクラス
    //--------------------------------------------------
    function Scene_Test() {
        this.initialize.apply(this, arguments);
    }

    Scene_Test.prototype = Object.create(Scene_Base.prototype);
    Scene_Test.prototype.constructor = Scene_Test;

    Scene_Test.prototype.initialize = function() {
        Scene_Base.prototype.initialize.call(this);
    };

    Scene_Test.prototype.create = function() {
        Scene_Base.prototype.create.call(this);
        this.createBackground();
        this.createSprite();
    };

    Scene_Test.prototype.createSprite = function() {
        var sprite = new Sprite(ImageManager.loadEnemy("Angel"));
        sprite.x = Graphics.width / 2;
        sprite.y = Graphics.height / 2;
        sprite.anchor.x = 0.5;
        sprite.anchor.y = 0.5;
        this.addChild(sprite);
    }

    Scene_Test.prototype.update = function() {
        Scene_Base.prototype.update.call(this);
        this.keyControll();
    };

    Scene_Test.prototype.keyControll = function() {
        if (Input.isRepeated('cancel')) {
            this.popScene();
        }
        if (Input.isPressed('left')) {
            this._testSprite.x -= 10;
        }
        if (Input.isPressed('right')) {
            this._testSprite.x += 10;
        }
        if (Input.isPressed('up')) {
            this._testSprite.y -= 10;
        }
        if (Input.isPressed('down')) {
            this._testSprite.y += 10;
        }
    }

    Scene_Test.prototype.createBackground = function() {
        this._backgroundSprite = new Sprite();
        this._backgroundSprite.bitmap = SceneManager.backgroundBitmap();
        this.addChild(this._backgroundSprite);
    };

})();

-RPGツクールMV


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RPGツクールMV – Weapons.jsonとデータベースの対応表

RPGツクールMVエディタ上でデータベースの武器で設定したデータは、プロジェクトフォルダのdata/Weapons.jsonに保存されています。 Weapons.jsonは最初の要素がnullで以降は …

no image

選択肢の項目テキストを変更できるRPGツクールMVプラグインHIME_ConditionalChoiceTextの使い方

このプラグインを導入すると、選択肢の項目テキストをプラグインコマンドやスクリプトで変更できるようになります。 このプラグインはHimeWorks様が制作されたものです。 確認環境 RPGツクールMV …

no image

RPGツクールMV – 自作プラグインでゲージを表示する方法

こんにちは、今日はRPGツクールMVの自作プラグインでゲージを表示する方法についてまとめていきます。 確認環境 RPGツクールMV Version 1.6.2 ゲージを表示する関数 ゲーム内でゲージを …

no image

RPGツクールMVでスキルの増減をスクリプトから行う

イベントコマンドの1ページ目、アクター > スキルの増減…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード 覚える acto …

no image

RPGツクールMVでイベントの上に文字を表示するプラグインTMNamePopの使い方

ダウンロード このプラグインはtomoakyさんが制作されたもので、現在は以下のGoogle Driveからダウンロード可能です。リンク先のRPGツクールMV用プラグインからTMNamePop.jsを …