3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV スクリプト

RPGツクールMVで戦闘BGMの変更をスクリプトから行う

投稿日:2021年3月30日 更新日:

イベントコマンドの1ページ目、アクター > 戦闘BGMの変更と同様の操作を、
イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。

スクリプトコード

変数$gameSystemにはGame_Systemクラスのインスタンスが格納されており、そのクラスのsetBattleBgm関数を呼び出すことで戦闘BGMの変更を行います。
Game_Systemクラスはjs\rpg_objects.jsの63行目あたりに定義されています。

setBattleBgm関数の引数に渡すオブジェクトの、nameには再生するBGM名、volumeには音量、pitchにはピッチ、panには位相を指定します。

$gameSystem.setBattleBgm({"name":"Battle1","volume":90,"pitch":100,"pan":0});

イベントコマンドの内容

イベントコマンドの戦闘BGMの変更を追加した場合、内部的には以下のようなデータが挿入されており、
js\rpg_objects.jsの9635行目に定義されているcommand132関数が呼び出され、引数にparametersの値が渡されています。

{"code":132,"indent":0,"parameters":[{"name":"Battle1","volume":90,"pitch":100,"pan":0}]}

parametersの値の内容は以下の通りです。

インデックス内容
[0]name : BGM名
volume : 音量
pitch : ピッチ
pan : 位相

-RPGツクールMV, スクリプト


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

キャラクターを浮遊させるRPGツクールMVプラグインFloatingCharacterの使い方

このプラグインを導入すると、イベントコマンドの移動ルートの設定のスクリプトでキャラクターの浮遊状態を切り替えることができるようになります。浮遊状態のときはキャラクターが指定ピクセル分浮いた状態になり、 …

no image

フルスクリーン起動オプションを追加するRPGツクールMVプラグインStartUpFullScreenの使い方

このプラグインを導入すると、オプションにフルスクリーンで起動するかを設定する項目が追加され、タイトル画面にゲーム終了用のコマンドが追加されます。追加されたオプションがONになっている場合、起動時に自動 …

no image

レベルと経験値を非表示にするRPGツクールMVプラグインHiddenLevelの使い方

このプラグインを導入すると、レベルと経験値に関する表示がされなくなります。レベルが固定のゲームで表示自体をなくしたい場合に使用できます。 レベルアップの処理自体は行われるため、イベントコマンド等でレベ …

no image

RPGツクールMVでBGM再生中かどうか判定する

現在再生されているBGMの情報はAudioManager._currentBgmに格納されているため、条件分岐のスクリプトでこの値がnullかどうかの判定を行います。 イベントコマンドの条件分岐を追加 …

no image

RPGツクールMVで戦闘中に逃走と敗北の可否を切り替える

スクリプトで逃走可、敗北可フラグを操作することで、それぞれ戦闘中に切り替えることができます。 確認環境 RPGツクールMV Version 1.6.3 逃走可 逃走可能にする BattleManage …