3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV スクリプト

RPGツクールMVでステートの変更をスクリプトから行う

投稿日:2021年3月28日 更新日:

RPGツクールMVでステートの変更をスクリプトから行う方法についてまとめていきます。

イベントコマンドの1ページ目、アクター > ステートの変更…と同様の操作を、
イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。

スクリプトコード

付加

actor関数の引数にはステートを付加したいアクターのIDを、
addState関数の引数には付加したいステートのIDを指定します。

以下の例ではアクターIDが1のアクターに対して戦闘不能のステートを付与しています。

$gameActors.actor(1).addState(1);

解除

actor関数の引数にはステートを解除したいアクターのIDを、
addState関数の引数には解除したいステートのIDを指定します。

以下の例ではアクターIDが1のアクターに対して戦闘不能のステートを解除しています。

$gameActors.actor(1).addState(1);

イベントコマンドの内容

イベントコマンドのステートの変更を追加した場合、内部的には以下のようなデータが挿入されており、
js\rpg_objects.jsの10229行目に定義されているcommand313関数が呼び出され、引数にparametersの値が渡されています。

{"code":313,"indent":0,"parameters":[0,0,0,4]}

parametersの値の内容は以下の通りです。

インデックス内容
[0][1]に格納されている値が固定か変数かを示す値(0 : 固定、1 : 変数)
[1]アクターのID、または変数のID
[2]どの操作を行うかを示す値(0 : 付加、1 : 解除)
[3]付加、または解除したいステートのID

-RPGツクールMV, スクリプト


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

RPGツクールMVのアイテム選択の処理を拡張するプラグインTMEventItemExの使い方

プラグイン情報 概要 このプラグインを導入することで、イベントコマンドのアイテム選択の処理に以下の機能が追加できます。 ヘルプウィンドウを表示個数を非表示表示行数の変更アイテムのメモでサブカテゴリを設 …

no image

RPGツクールMVで選択肢を拡張するプラグインMPP_ChoiceEXの使い方

このプラグインでは選択肢の項目を6個を超えて設定でき、スイッチや変数の条件により特定の選択肢を非表示、グレーアウトで選択不可能な状態にすること等が可能です。 ダウンロード 以下ページのプラグインの項に …

no image

RPGツクールMV – 自作プラグインでアイコンを表示する

こんにちは、今日はRPGツクールMVの自作プラグインで独自の画面にアイコンを表示する方法についてまとめていきます。 確認環境 RPGツクールMV Version 1.6.2 アイコンを表示する関数 W …

no image

RPGツクールMVでBGM再生中かどうか判定する

現在再生されているBGMの情報はAudioManager._currentBgmに格納されているため、条件分岐のスクリプトでこの値がnullかどうかの判定を行います。 イベントコマンドの条件分岐を追加 …

no image

スイッチや計算式によりアクターコマンドを封印できるRPGツクールMVプラグインSealActorCommandの使い方

このプラグインを導入すると、アクター、職業、装備品、ステートのメモ欄に指定の書式で記述を追加することで、指定スイッチがONの場合や、指定計算式がtrueの場合に指定アクターコマンドが非表示 / 選択不 …