3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV スクリプト

RPGツクールMVでステートの変更をスクリプトから行う

投稿日:2021年3月28日 更新日:

RPGツクールMVでステートの変更をスクリプトから行う方法についてまとめていきます。

イベントコマンドの1ページ目、アクター > ステートの変更…と同様の操作を、
イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。

スクリプトコード

付加

actor関数の引数にはステートを付加したいアクターのIDを、
addState関数の引数には付加したいステートのIDを指定します。

以下の例ではアクターIDが1のアクターに対して戦闘不能のステートを付与しています。

$gameActors.actor(1).addState(1);

解除

actor関数の引数にはステートを解除したいアクターのIDを、
addState関数の引数には解除したいステートのIDを指定します。

以下の例ではアクターIDが1のアクターに対して戦闘不能のステートを解除しています。

$gameActors.actor(1).addState(1);

イベントコマンドの内容

イベントコマンドのステートの変更を追加した場合、内部的には以下のようなデータが挿入されており、
js\rpg_objects.jsの10229行目に定義されているcommand313関数が呼び出され、引数にparametersの値が渡されています。

{"code":313,"indent":0,"parameters":[0,0,0,4]}

parametersの値の内容は以下の通りです。

インデックス内容
[0][1]に格納されている値が固定か変数かを示す値(0 : 固定、1 : 変数)
[1]アクターのID、または変数のID
[2]どの操作を行うかを示す値(0 : 付加、1 : 解除)
[3]付加、または解除したいステートのID

-RPGツクールMV, スクリプト


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

RPGツクールMV – Armors.jsonとデータベースの対応表

RPGツクールMVエディタ上でデータベースの防具で設定したデータは、プロジェクトフォルダのdata/Armors.jsonに保存されています。 Armors.jsonは最初の要素がnullで以降は各要 …

no image

RPGツクールMVで特定キーを押している間メッセージをスキップすることができるプラグインUTA_MessageSkipの使い方

こんにちは、今日はRPGツクールMVで特定キーを押している間、メッセージをスキップすることができるプラグインUTA_MessageSkipの使い方についてまとめていきます。 確認環境 RPGツクールM …

no image

RPGツクールMVで複数のタイルをまとめて配置する方法

こんにちは、今日はRPGツクールMVの複数タイルをまとめて配置する方法についてまとめていきます。 複数タイルで表現する大きいものを配置する際に便利な機能です。 確認環境 RPGツクールMV Versi …

no image

RPGツクールMVでスクリプトから指定の武器防具を装備しているか判定する

$gameParty.isAnyMemberEquipped($dataWeapons[1]) $gameParty.isAnyMemberEquipped($dataArmors[1 …

no image

RPGツクールMVでメニューを1人用に変更するプラグインTMSoloMenuの使い方

プラグインを導入すると、メニューが上の画像のように1人用に特化したものに変更されます。各項目選択時のアクター選択も省略され、一番上のアクターのものが表示されます。 このプラグインはtomoaky様が制 …