3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

RPGツクールMV

[RPGツクールMV]制御文字一覧と表示内容まとめ

投稿日:2020年4月20日 更新日:

こんにちは、今日はRPGツクールMVで文字を表示する際に使用できる制御文字について、一覧とそれぞれの表示内容についてまとめていきます。

確認環境

RPGツクールMV 1.6.2

使用できる制御文字の一覧とその確認方法

[イベントコマンド]の[文章の表示…]を選択し、[文章]の入力欄にマウスオーバーすると表示されるのが、このコマンドで使用できる制御文字の一覧です。

[イベントコマンド]の[文章のスクロール表示…]を選択し、[文章]の入力欄にマウスオーバーすると表示されるのが、このコマンドで使用できる制御文字の一覧です。

[選択肢の表示…]では入力欄にマウスオーバーしても使用できる制御文字の表示がされませんが、このコマンドでも[文章のスクロール表示…]と同様の制御文字が使用可能です。

それぞれの制御文字の表示内容

\V[n]

n番目の変数の内容に置き換えられます。
変数の一覧と番号は[イベントコマンド]の[変数の操作…]から確認できます。

\N[n]

n番目のアクターの名前に置き換えられます。
アクターの一覧と番号は[データベース]の[アクター]から確認できます。

\P[n]

n番目のパーティメンバー名に置き換えられます。

\G

通貨単位に置き換えられます。
通貨単位の値は[データベース]の[システム]から[通貨単位]の項目で確認できます。

\C[n]

以降の文字色をn番目の色に変更します。
色の番号はプロジェクトの[img > system > Window.png]の画像の内、以下の部分から判定しています。
左上から右に0〜33番になっています。

\I[n]

n番目のアイコンを表示します。
アイコンの番号は[データベース]の[スキル]、[アイテム]、[武器]、[防具]、[ステート]のいずれかのページで[アイコン]の設定を開くことで確認可能です。

\{

文字サイズを1段階大きくします。

\}

文字サイズを1段階小さくします。

\

バックスラッシュを表示します。
単一のバックスラッシュでは何も表示されません。

\$

所持金のウィンドウを開きます。

\.

以降のテキストの表示を1/4秒待ちます。

\|

以降のテキストの表示を1秒待ちます。

\!

ボタンの入力を待ちます。

\>

同じ行のテキストを即時表示します。

\<

同じ行のテキストを即時表示する効果を取り消します。

\^

文章表示後の入力待ちを行いません。

まとめ

テキストの表示を装飾したり様々な効果を付与する制御文字についてまとめました。
文字を大きく、色を変えてキーワードを強調したり、待ち時間を置いて溜めを表現したり、いろいろな演出に使ってみてはいかがでしょうか。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

-RPGツクールMV


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

RPGツクールMV – 自作プラグインで画像を表示する

こんにちは、今日はRPGツクールMVの自作プラグインで独自の画面に任意の画像を表示する方法についてまとめていきます。 確認環境 RPGツクールMV Version 1.6.2 画像を表示する方法 画像 …

no image

RPGツクールMV – “能力値の増減”で変動している分の値を取得、リセットする方法

こんにちは、今日はRPGツクールMVのイベントコマンド”能力値の増減”で変動している分の値の取得と、その値のリセット方法についてまとめていきます。 イベントコマンドの”能力値の増減”で指定アクターの各 …

no image

RPGツクールMVでセルフスイッチの操作をスクリプトから行う

イベントコマンドの1ページ目、ゲーム進行 > セルフスイッチの操作…と同様の操作を、イベントコマンドの3ページ目、上級 > スクリプトから行う方法です。 スクリプトコード 以下のコードでセルフスイッチ …

no image

戦闘コマンド選択ウィンドウの上に顔グラフィックを表示するRPGツクールMVプラグインBattleActorFaceVisibilityの使い方

このプラグインを導入すると、上の画像のように戦闘コマンドウィンドウの上に現在コマンドを選択しているアクターの顔グラフィックを表示することができます。 このプラグインはトリアコンタン様が制作されたもので …

no image

RPGツクールMVでスクリプトから選択肢を表示する

こんにちは、今日はイベントコマンドの選択肢の表示をスクリプトから行う方法について解説します。 以下のスクリプトで選択肢の表示が行えます。this._branch[this._indent]は選択肢の表 …