3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unity

Unityのオブジェクトが使用しているメモリ量を取得する

投稿日:

こんにちは、今日はUnityのオブジェクトが使用しているメモリ量を取得する方法についてまとめていきます。

確認環境

Unity 2018.4.15f1

Unityオブジェクトの使用メモリ量取得

以下のようにProfiler.GetRuntimeMemorySizeLong()関数の引数にUnityのオブジェクトを渡すと、そのオブジェクトが使用しているメモリ量を取得することができます。

GameObject obj;
Profiler.GetRuntimeMemorySizeLong(obj);

リンク

Unity – Scripting API: Profiling.Profiler.GetRuntimeMemorySizeLong
https://docs.unity3d.com/ScriptReference/Profiling.Profiler.GetRuntimeMemorySizeLong.html

-Unity


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

UnityのManaged Memoryサイズをスクリプトから取得する

こんにちは、今日はUnityのManaged Memoryサイズをスクリプトから取得する方法についてまとめていきます。 Profiler.GetMonoUsedSizeLong() Profiler. …

no image

Unity – コルーチンの使い方

こんにちは、今日はUnityでコルーチンの使い方についてまとめていきます。 コルーチンは関数の実行途中で中断し、指定時間経過後等の条件で再開できる関数のようなものです。 詳細については公式マニュアルの …

no image

Unityでカスタムのdefineを追加する方法

こんにちは、今日はUnityでカスタムのdefineを追加する方法についてまとめていきます。 確認環境 Unity 2018.4.15f1 カスタムのdefineを追加する UnityのメニューのEd …

no image

Unityでスクリプトからゲームの再生や停止を行う

こんにちは、今日はUnityでスクリプトからゲームの再生や停止を行う方法についてまとめていきます。 エディタの再生、一時停止、停止ボタンの処理をスクリプトから行うことができます。これらの処理はエディタ …

no image

Unityで引数に最も近い整数を返す関数Mathf.Round

確認環境 Unity 2018.4.15f1 使い方 float num = Mathf.Round(1.2f); Debug.Log(num); float型の数値を渡すと、その値に最も近い整数値を …