3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unix

コマンド実行時に一時的に環境変数を変更できるUNIX系コマンドenvの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はUNIX系OSでコマンド実行時に一時的に環境変数を変更することができるコマンドのenvの使い方についてまとめていきます。

envコマンドの使い方

以下のようにenv コマンドの後に環境変数に値を設定、その後に実行したいコマンドを記述することで、一時的に指定した環境変数の値が書き換わった状態でコマンドを実行することができます。

$ env LANG=ja_JP.UTF-8 date

dateコマンドは引数なしで実行すると現在時刻を表示するコマンドですが、言語設定により表示内容が異なります。

この例では言語が日本語以外に設定されていた場合、dateコマンドのみを実行した場合その言語で表示されるのに対し、日本語の表示になります。

引数なしで実行

envコマンドは引数なしで実行することもできます。

$ env

その場合は設定されている環境変数の一覧が表示されます。

同様の動作をするコマンドにprintenvコマンドがあります。

-Unix


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

vimコマンドでシンタックスハイライトを有効にする方法

こんにちは、今日はvimコマンドでシンタックスハイライトを有効にする方法についてまとめていきます。 確認環境 VIM – Vi IMproved 8.0 シンタックスハイライト有効化 ファイルを開いた …

no image

ファイルタイプを確認するUnix系コマンドfileの使い方

こんにちは、今日はUnix系OSでファイルタイプを確認することができるコマンド、fileの使い方についてまとめていきます。 確認環境 macOS Mojave 10.14.6 使い方 以下のように引数 …

no image

Unityで処理時間を計測する

System.Diagnosticsに定義されているStopwatchクラスを使用して処理時間を計測します。 System.Diagnostics.Stopwatch stopWatch = new …

no image

カレンダーを表示するUnix系コマンドcalの使い方

こんにちは、今日はカレンダーを表示することができるUnix系コマンド、calの使い方についてまとめていきます。 使い方 以下のように引数なしで実行すると、現在の月のカレンダーが表示されます。 $ ca …

no image

zipファイルの中身を確認するUnix系コマンドzipinfoの使い方

こんにちは、今日はzipファイルの中身を確認するUnix系コマンド、zipinfoの使い方についてまとめていきます。 使い方 以下のように引数にzipファイルを渡すのみで、そのファイルの中身が表示され …