3テラバイト

プログラム関連備忘録サイト。主にゲーム。

Unix

環境変数を設定するUNIX系コマンドexportの使い方

投稿日:

こんにちは、今日はUNIX系OSで環境変数の設定を行うことができるコマンドexportの使い方についてまとめていきます。

環境変数の定義方法

すでに定義されているシェル変数を環境変数にエクスポート
以下の例ではシェル変数TEST_VARを定義し、環境変数にエクスポートしています。

$ TEST_VAR="export test"
$ export TEST_VAR

または以下のようにシェル変数の定義と同時に環境変数にエクスポートすることもできます。

$ export TEST_VAR="export test"

ログイン時に環境変数を定義する

コマンドライン上で環境変数を定義した場合、次回ログイン時には定義した環境変数が使用できなくなっています。

常時定義しておきたい環境変数については、.bash_profile等の使用しているシェルでログイン時に実行される設定ファイルに設定を追記します。

以下のようにコマンドラインで実行する場合と同じ記述方法で追記することで、ログイン時に環境変数が定義されるようになります。

$ export TEST_VAR="export test"

環境変数をシェル変数に変更する

以下のオプションを使用すると環境変数をシェル変数に変更することができます。

$ export -n TEST_VAR

-Unix


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

CentOS 7 + Apache 2.4 環境に Let’s Encrypt の証明書を導入する

こんにちは、今日は CentOS 7 + Apache 2.4 の環境に、無料のSSL証明書であるLet’s Encrypt の証明書を導入する手順について解説します。 本記事ではサーバーにSSHで接 …

no image

vimコマンドでファイル差分を確認する方法

こんにちは、今日はvimコマンドでファイル差分を確認する方法についてまとめていきます。 確認環境 VIM – Vi IMproved 8.0 差分表示 vimエディタで差分を確認するにはdiffspl …

no image

シェルの設定を行うbashビルトインコマンドsetの使い方

こんにちは、今日はUNIX系OSのシェル、bashの設定を行うコマンドであるsetの使い方についてまとめていきます。 引数なしで実行 以下のように引数なしで実行すると定義されている環境変数、シェル変数 …

no image

ログイン中のユーザ一覧を表示するUnix系コマンドwの使い方

こんにちは、今日はUnix系OSでログイン中のユーザの一覧とそのユーザが実行中のプロセスを表示することができるコマンドwの使い方についてまとめていきます。 使い方 引数なしで実行すると各ユーザの情報が …

no image

Let’s Encrypt の証明書を手動で更新する方法

こんにちは、今日はLet’s Encrypt の証明書を手動で更新する方法についてまとめていきます。 確認環境 CentOS Linux release 7.4.1708Apache 2.4.6 更新 …